大相撲初場所中に泥酔し、一般人男性に暴行したとされる横綱・朝青龍。30日には、男性との示談が成立したと発表されたが、横綱の度重なる不祥事や問題隠蔽の疑惑もあり、協会や朝青龍本人の出方に大きな注目が集まっている。

その模様を伝えた31日放送のTBS「サンデー・ジャポン」では、番組ゲストのテリー伊藤がコメント。「大前提に日本人が相撲というものに対して、どういう意識で見るのかというのも大きなこと。例えば、100%真面目に相撲協会のことを考えれば、許せないですよね。初場所優勝しましたよね。あれも本当は剥奪ですよ。オリンピックならドーピングみたいなものじゃないですか。あの時点で出場停止にすべきですよ。本当はね」と、相撲協会の対応の甘さや緩さを厳しく指摘。

また、同じく番組ゲストの高橋ジョージも、「普通の学校だったら停学ですよ。横綱だったら退学なんですよ」と怒りを露にするのだった。