アップルがタブレット型の新ハード「iPad」、キーボードドックも発売へ。

写真拡大

かねてから「アップルタブレットが登場する」との噂が流れていた通り、アップルは1月27日(現地時間)、タブレット型端末「iPad」を正式発表した。価格は499ドルから。WiFiモデル(16/32/64GB)、WiFi+3Gモデル(16/32/64GB)がラインアップされている。

「iPad」はiPhoneとMacBookの間を埋めるデバイス。すでにiPhone向けにリリースされているアプリが動くほか、「iPad」向けにオフィスソフト「iWork」などのアプリケーションも登場する。また、「iPad」の発売に合わせ、電子ブックの購入ができる「iBooks Store」をオープン。米国で大ヒットしているアマゾンの電子ブックリーダー「Kindle」と同じように、電子ブックを気軽に楽しめる点も「iPad」の魅力だ。 

スペックは9.7インチ(1024×768ピクセル)のIPS液晶(マルチタッチ対応)、1GHz Apple A4 chip、WiFi(802.11 a/b/g/n)、Bluetooth 2.1+EDR technology、加速度センサ、電子コンパス、GPS(WiFi+3Gモデルのみ)、バッテリー駆動時間は約10時間など。サイズは高さ242.8ミリ×幅189.7ミリ×厚さ13.4ミリで、重量はWiFiモデルが680グラム、WiFi+3Gモデルが730グラムとなっている。なお、Adobe Flashには対応していない。

アクセサリー類としては、「iPad」に物理キーボードをプラスするキーボードドック「iPad Keyboard Dock」も発売予定。普段はタブレット端末として使いつつ、パソコンのような使い方も可能だ。また、カメラ機能とSDカードリーダーをプラスする「iPad Camera Connection Kit」なども用意される。

◎「iPad」の価格
WiFiモデル(16GB)499ドル
WiFiモデル(32GB)599ドル
WiFiモデル(64GB)699ドル

WiFi+3Gモデル(16GB)629ドル
WiFi+3Gモデル(32GB)729ドル
WiFi+3Gモデル(64GB)829ドル