男性は一緒に、女性は1人で見たい「アダルト動画」

写真拡大

22日にkr.yahooが報じた韓国の男女のアダルト動画に関する調査で、意外な事実が明らかになった。男性と女性のアダルト動画の見方に違いが報告されている。男性は衝動的に見るのに対して、女性はむしろ性的好奇心と空想をかき立てるために、アダルト動画を見ているようだ。

このアダルト動画に関する意識調査は、韓国のマッチングサービスfrienmily.comが実施したもので、20〜39才の未婚男女1,087人を対象に、アダルト動画に関してアンケート調査したものだ。調査結果は以下の通り

1. 今までに1度でもアダルト動画を見たことがある 男:97.75% 女:86.42%
2. 交際相手が居てもアダルト動画を見るか 男:60.98% 女:57.14%
3. 恋人が「一緒にアダルト動画を見よう」と言ったら、一緒に見る 男:70.79% 女:45.1%
4. 恋人と一緒にアダルト動画を見たことがある 男:32.58% 女:36.73%
5. アダルト動画を見て、性的な空想をかき立てられるか 男:52.81% 女:77.92%
6. 好みのアダルト映画の種類は 男:1位 日本のアダルト50.59% 女:1位 韓国のアダルト54.55%

女性はただ興奮を高めるために、アダルトを見ている訳ではなく、想像・空想の材料として動画を見ているようだ。そのため、感情移入し易い自国のアダルトを好むのだろう。ちなみに、3番の『恋人が「一緒にアダルト動画を見よう」と言ったら、一緒に見るか』という問いに対して、女性は「ぎこちない」「気持ち悪い」という理由で、一緒に見ることを断っている。これも、恋人と一緒に見ると想像に耽ることが出来ないためではないだろうか。

この調査結果を見る限りでは、女性専用のアダルト動画サイトがあっても良いのではないだろうか。官能的な内容を描いたレディースコミックも、出版不況とは言え需要は絶えないという。女性向けのアダルトは、今後新しい市場として開拓されるかも知れない。