美しき冬の祭典「氷雪祭り」がいよいよスタート!今年の見所は?

写真拡大

冬の北海道と言えば、「氷雪祭り」。雪や氷でできた巨大なオブジェやライトアップがステキなイベントだ。1月から続々とスタートするイベントの中からおすすめを紹介しよう。

【写真】幻想的!氷で作られたバーも登場

ロマンチックなライトアップを楽しむなら2月5日(金)〜14日(日)開催の「第12回小樽雪あかりの路」が魅力的。運河には約400個のキャンドルが浮かぶなど、延べ14万本もの素朴なスノーキャンドルの明かりがともり、小樽の夜を美しく幻想的な雰囲気にしてくれる。ほかにも、1月23日(土)〜3月28日(日)の「第35回層雲峡氷瀑まつり」でも、夜の氷像がライトアップや週末の花火などが楽しめておすすめだ。

そして昼間の雪像を楽しむなら、2月6日(土)〜11日(祝・木)の「第51回旭川冬まつり」が見もの。1994年に世界最大の雪の建造物としてギネス公式記録を取得し、現在もその記録は破られていない。さらに巨大な滑り台になった雪像や一般客も参加できる雪像制作体験など、極寒の地ならではの体験も楽しい。また2月5日(金)〜11日(祝・木)は世界的にも有名になった「第61回さっぽろ雪まつり」も開催。今年も昨年に引き続き大通、つどーむ、すすきのの3会場に大小あわせて約300基の雪氷像が出現し、見ごたえたっぷりだ。

その大きさ、美しさに圧倒される氷雪祭り。北海道ならではの祭典を堪能しよう。【詳細は北海道ウォーカー1月号に掲載】

【関連記事】
巨大雪だるまや足湯も!東京で“雪の祭典”が開催中 (東京ウォーカー)
冬の北海道は雪&氷の景色を進むSL列車や船が楽しい! (北海道ウォーカー)
冬も元気!旭山動物園のレッサーパンダに密着 (北海道ウォーカー)
降雪確率100%!ホワイトXmasを楽しめるイベントって? (福岡ウォーカー)
冬山の芸術品! 高さ10mの氷塊「氷ばく」 (東海ウォーカー)