23日(土)に公開初日を迎える『サヨナライツカ』(C)2009 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

23日(土)に公開初日を迎える『サヨナライツカ』(C)2009 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved.
中山美穂が12年ぶりに主演する映画『サヨナライツカ』が、23日(土)から公開される。

その他の画像

映画は、タイ・バンコクを舞台に、愛されることを求め生きてきた沓子(とうこ・中山)と、日本に結婚相手・光子(石田ゆり子)を残してバンコク支社に赴任したエリートビジネスマン(西島秀俊)が出会い、激しい恋に落ちる物語。

中山の久々の映画出演作となる本作は、映画製作発表と同時に話題を集めてきた。原作小説は映画化発表後に売り上げを伸ばし累計55万部を突破。映画とのコラボレーション商品も好評を博すなど、本作への注目が高まっている。また、映画公開前のタイミングに合わせて中山が数々の女性誌の表紙を飾るなど、特に女性からの注目を集めている。

さらに、本作を手がけたのが韓国映画『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督であることも見逃せないポイントだ。『私の頭の中の消しゴム』は日本のテレビドラマをリメイクした純愛映画で、日本でも大ヒットを記録し、20〜40代の女性を中心に当時から日本を賑わわせていた“韓流ブーム”の追い風を受け、“泣ける純愛ドラマ”の定番入りを果たした。

前作と設定・テーマは異なるものの、『サヨナライツカ』も身を切るような孤独の中でたったひとりの相手を愛しぬく行動的なヒロインと、どんな時も愛した相手をじっと待ち続けるヒロインを通して“人間の悲しみ”を描いた作品。本作が日本の女性から“大人の純愛映画の定番”として支持されるのか、公開後の動向に注目したい。

『サヨナライツカ』
1月23日(土)、新宿バルト9、丸の内TOEI2ほか全国ロードショー

■関連記事
『サヨナライツカ』特集
『サヨナライツカ』 中山美穂 インタビュー
中山美穂が中島美嘉の主題歌に感涙 『サヨナライツカ』ジャパンプレミア
中山美穂主演作『サヨナライツカ』と堂島ロールがコラボ
チョン・ウソン、中山美穂主演作『サヨナライツカ』を絶賛!
あなたはどっち派? 話題の恋愛映画の試写会で観客の意見が真っ二つに!