ユーザーとメーカーが協働でマス商品を企画・開発する。ありそうでなかった仕組みが『マス・コラボレーションモデル』。F1層を中心としたユーザーの感性とメーカーの技術力をネット上で融合し、モノづくりに活用する。新しいプラットフォームを目指すアゲハのモデルに迫る。

第1回 『「惜しい」を「欲しい」に変えたい』


■なぜ、レジに向かわないの?

「売り場でこれいいなという感じで手に取るところまではいく。でも、レジには持っていかない。そんなお客さんの姿を山ほど見てきたのが、そもそものキッカケです」

どこか目を引いた、あるいは何かが気になった商品だから、いったんは手にする。ところが、それを持ってレジまで行くお客さんの割合は、ひいき目にみても3割に満たない。自らが渋谷109で販売員のアルバイトをしていたときの体験が、アゲハ独自のマス・コラボレーションモデルの根幹にある。

「私自身も同じことを感じていました。なので彼女たちの感覚がとてもよくわかりました。実際、女子大生120名にアンケートをとってみたところ、その73%がバッグを買うとき『だいたい良いけれども、細部のデザインが気に入らないために購入を断念したことがある』と答えています。トータルで22アイテムに及んだアンケート結果からは、バッグ以外にも服や靴などのファッションアイテムは『惜しい』による機会損失がとても多く生じていることがわかりました」

ファッションアイテムに関して女性は、滅多なことで妥協しない。彼女たちにとってファッションは、自分自身を表現するメディアである。わずかでもごまかしがあってはダメなのだ。


続きはこちら