Image by: DIESEL

写真拡大

 「DIESEL(ディーゼル)」は、新しいアーティスティック・ディレクターとしてフランスのファッション&カルチャーマガジン「WAD」の創立者兼発行人のBruno Collin(ブルーノ・コリン)を任命した。同氏は今後、社内外のクリエイターから成るチームを責任者として統率し、斬新で独創的なアプローチで臨む。

 「DIESEL」の新アーティスティック・ディレクターに就任したブルーノ・コリンは、フランス版「Sportswear International」の元編集長で、他にも数々のファッション誌の仕事を歴任。様々な書籍のキュレーターを務めるとともに、コミュニケーション・エキスパートでもあり、パリのパーティー・シーンにも精通している人物である。

 「これまで以上に、最新かつ革新的な方法でディーゼルのDNAとも言うべき個性を表現したい」と、ディーゼルの創始者兼社長Renzo Rosso(レンツォ・ロッソ)は語る。「ファッション界は目まぐるしい変化を見せた。クリエイティブ・プロセスも、それに応じて変えていく必要がある。その一環が、スタイリスト、デザイナー、フォトグラファー、グラフィック・デザイナーそしてアーティストという様々なジャンルのクリエイターの才能を結集することである。これは、クリエイティブ・チームやブランド・デザインのプロセスを一変させる一大変革の始まりに過ぎない。私は以前からブルーノに注目していた。彼の仕事ぶり、アイデア、ノウハウそしてテイストは、ディーゼルのイメージにぴったりだった。ブランドも影響力のある雑誌のように、強い個性や存在感が必要で、プロジェクトごとに常に新しいアイデアを取り入れて運営されるべきだと思う。」

 ブルーノ・コリンは、次のようなコメントを発表している。 「ディーゼルは、私が常に注目してきた数少ないブランドの一つだ。商品、コミュニケーション共にしっかりしたブランドが常に市場の流れを左右する。ディーゼルにおいて私は、言うなれば錬金術師のような、オーケストラで言えば指揮者のような役割を担うことになるだろう。エネルギーに満ち溢れるディーゼルが必要としているのは、新たなインスピレーションの源泉とその表現方法だ。」

 また、ディーゼルは2010年の春夏広告キャンペーン"BE STUPID"をスタートさせる。2月中旬からは様々なメディア媒体、店舗を通じて広告に掲げられたディーゼルのマニフェストを世界規模で本格的に展開する予定だ。

 なお、ディーゼルのコンテンポラリー・ブランドである「DIESEL BLACK GOLD(ディーゼル・ブラック・ゴールド)」については、クリエイティブ面においてディーゼルとは完全に独立して展開しており、新たにギリシャ人デザイナーSophia Kokosalaki(ソフィア・ココサラキ)がデザイナーに就任した。2010年2月16日にニューヨークで開催されるファッションショーでは、ソフィア・ココサラキによる初のレディースコレクションが発表を予定している。

 ディーゼルの新たな挑戦は、休むことなく続く!

【記事の写真をもっと見る】