韓国の芸人ジョン・チャヌと劇団ひとり

写真拡大

芸人「劇団ひとり」が、韓国で「“KARA”おたく」として関心を集めているようだ。

KARA(カラ)とは、韓国で2007年にデビューした女性5人組の人気アイドルグループ。デビュー曲「Break It」を発表したのち、メンバーの脱退や追加など孤軍奮闘の時代を経ながらも、現在は「ワンダーガールズ」や「少女時代」と並ぶ韓国を代表するトップアイドルとして知られている。

劇団ひとりは以前から熱狂的なファンであることを公言しており、韓国でも度々話題となっていた。17日付の韓国のクッキーニュースでは、そんな「“KARA”おたく」の劇団ひとりが再びKARAに対する熱い思いを語ったようだと伝えている。

記事によると、モーニング娘。の元メンバー矢口真里と出演した番組で、「私が番組でKARAのファンであることを明かしたところ、『KARAを応援しています』といったファンレターが届くようになった。自分がKARAのような気になってしまう」とし、「KARAが好きなあまり韓国語の勉強を始めた。ヨン様にハマるおばさんたちの気持ちが分かった」とKARAへの熱い思いを語ったという。

韓国では日本の芸人が、韓国のアイドルにハマっているようだと関心を集めており、ネット上には「あなたをKARA日本ファンクラブの支部長に命名します」「広報大使に任命してもいいんじゃない」「これを契機に日本進出するかも」「なんだか面白い」「おたくの典型を見ているようだ」といったコメントが寄せられている。

中には「劇団ひとりって誰?」といったコメントもあるが、劇団ひとりの名は韓国で確実に高まってきている様子。最近では韓国の芸人ジョン・チャヌと瓜二つだとして話題を集めている。

参照:「KARAおたく」日本の芸人「ヨン様にハマるおばさんの気持ちが分かる」 - 国民日報クッキーニュース
参照:ジョン・チャヌにまた似てる人が? - マイデイリー

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
通常のトレビアンニュースとは異なり、韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。