アサヒビールお客様生活文化研究所が、「2010年を漢字一文字で表すと?」と題して聞いたところ、「2010年の日本を漢字一文字で表すと『変』、抱負や目標を表すと『健』」となった。1月6日〜1月12日に全国の20歳以上の男女にインターネット調査を実施し、1278人(有効回答数、男性694人、女性584人)から有効回答を得た。

 調査によると、「2010年、今年の日本を漢字一文字で表すと?」のトップは『変』(6.7%)となった。「新内閣が発足し、今年は次々に色々なことが変わっていく年になると思う」(女性30代)、「不況と言われ続けている時代に何か変化が起きるような気がする。みんながうれしい年になるといい」(女性20代)など、新政権、景気復調への期待感から、2010年の日本に良い意味で「変化」「変革」を求める声が広がった。

さらに「地球温暖化防止策により、新しい商品、政策が多く生まれる年になると予測」(男性40代)など、5位に『新』(3.1%)、6位に『改』(2.8%)が挙げられ、従来の体制や方法と異なる新しいアプローチが強く望まれていることが分かった。昨年の雰囲気とは打って変わって、今年の日本は回復に転じるのではないか、という前向きな見通しが目立った。

  ただ、一方で2位には『迷』(4.5%)、3位には『乱』(4.4%)が入り、昨年同様、相変わらずの日本の姿を予想も。「政治・経済ともに去年からの悪い流れを立て直すにも、なかなか抜け切れず、行き場を見失い迷う一年で過ぎてしまいそう」(女性50代)など、ネガティブな声が挙がっている。

「2010年の自分の抱負や目標を漢字一文字で表すと?」のトップは『健』(6.0%)だった。『健』という漢字は、年齢とともに増加傾向が見受けられた。「45歳から体調が不安定でどうも更年期に入ったらしい。自分と上手く付き合いながら健やかに過ごせたらいいなと思う…」(女性40代)など、健康を気遣う姿が目立つ。

次に「新たな気持ちで新しいことにチャレンジしていきたいから…」(女性30代)など、2位に『新』(5.4%)、3位に『進』(3.7%)が挙げられ、心機一転、新しい目標に向かう力強い声が寄せられた。4位に『楽』(3.4%)、5位に『笑』(2.7%)が続き、プラス思考の漢字が上位を占めた。

性別では、男性は『新』『挑』など“挑戦派”が多く、女性は『笑』『楽』など、楽天的に生きる余裕が感じられる漢字が目立った。

男性のトップは『健』(5.8%)。次に2位に『新』(5.5%)、3位に『進』(3.3%)、4位に『挑』(2.9%)が続いた。「不景気の中、いろいろな不安材料が多いですが、立ち止まらずに進めば、道は見えてくる」(男性30代)、「現状の型にはまらず、何事にも新しい考え方をもって挑戦していくべき年だと思う」(男性20代)など、ポジティブな声が多数寄せられました。8位に『勝』(2.3%)、9位に『動』(1.9%)という人生に前向きな漢字がランクインしている。

 女性のトップも男性同様に『健』(6.3%)。特徴的なのが、3位の『笑』(4.8%)、4位の『楽』(4.1%)。「大変そうな年になりそうなので、気を楽に、思いつめないように生きたい」(女性50代)など、男性に比べ、楽天的に生きる余裕がうかがえる。さらに「家族で愛を育み合いたい」(女性30代)など、9位に『愛』(2.1%)、10位に『明』(1.9%)が挙げられ、平穏な生活を望む傾向が見受けられた。

2010年は、昨年と比較するとより活力を感じられる一年となりそうだ。



◆関連ニュース

家庭で孤立する父親 お金の悩み拡大(2009/12/15)

給与17カ月連続で減少、残業時間も前年比マイナスが続く(2009/11/30)
10月の完全失業率5.1%、有効求人倍率0.44倍(2009/11/27)
主婦が働く理由「生活費のため・・・」が急増(2009/11/17)
ワーク・ライフ・バランスに優れた会社(2009/11/9)
リーマンショック後の不況で、うつ傾向の社員が増加(2009/11/2)
女性が選ぶ、未来応援企業ランキング 資生堂、ベネッセ、セコム、サントリー 総合1位(2009/9/7)
結婚相手に望むこと 妻「健康に気を使って」、夫「ヒステリーやめて」(2009/9/7)
女性の仕事に理解進む 結婚後も仕事を続けてほしい男性8割(2009/8/25)
子育て支援への期待 トップは「経済的な支援」(2009/8/14)
20代社会人の7割が仕事にストレス!?(2009/7/31)