今日は、少し技術的な話ですが、Web担当者も知っておくといい知識を。テーマは「HTTPヘッダー」です。知らなくてもWebサイトは作れますが、知っておくとサイト上での仕組み作りの視野が広がるかもしれません。

ブラウザでWebページを表示するときに、ブラウザはWebサーバーと通信しています。そのときに使われるのが「HTTP」というルールです。

HTTPは「HTTPリクエスト」と「HTTPレスポンス」に分けて考えます。ブラウザがサーバーに「このページを見たい」と頼む通信が「HTTPリクエスト」で、そのリクエストに応えてサーバーがブラウザに返す通信が「HTTPレスポンス」です。


HTTPリクエスト

まず、ブラウザ → サーバーの「HTTPリクエスト」から説明しましょう。

HTTPリクエストはブラウザが送るものですから、HTTPリクエストを作るのはブラウザです。サーバーは、受け取ったHTTPリクエストの内容からどんな情報を返すかを判断します。

HTTPリクエストには「HTTPリクエスト行」「HTTPヘッダー」「データ本体」の3つのパートがあります。

・HTTPリクエストの1行目が、リクエスト内容を示す「HTTPリクエスト行」です。ここには、「メソッド」「URL」「HTTPのバージョン」の3つの情報が含まれています。

「メソッド」はWebではほとんどの場合「GET」で、この場合、HTTPリクエストでは「データ本体」は送られません。メソッドが「POST」の場合(フォームから情報を送信するなどでmethod="POST"が指定されている場合)は、HTTPヘッダーの後にデータ本体が続きます。

・2行目以降が「HTTPヘッダー」で、次のようなものが代表的です。

 ・ユーザーエージェント名(User-Agent)
ブラウザの種類やOSの情報。アクセスしているのがブラウザではなく検索エンジンのクローラの場合、「Googlebot」などの名前が入ります。

 ・リファラ(Referer)

続きはこちら