非常に稀なアレルギー反応を起こして長い間入院していた19歳の少女が、現在では回復して普通の生活を送れるようになった。彼女の起こしたアレルギー反応は、なんと100万人に1人の確率で起こり、死亡率は30-40%だという。

スウェーデン中部に住む19歳のEva Uhlinさんは、2005年の9月に100万人に1人の確率で起こる非常に稀なアレルギー反応を起こし、体中に水ぶくれが出来て長期入院を余儀なくされた。アレルギー反応を起こしたのは、一般的に若い人々に処方されている鎮痛剤だった。

鎮痛剤を飲んだ翌朝、目覚めたEvaさんが鏡を見ると、そこには顔中に水ぶくれが出来て「まるでホラー映画のよう」な変わり果てたEvaさんの姿があった。そしてそれはかなりの痛みを伴っており、Evaさんは病院へと向かった。Evaさんが発症したのはToxic Epidermal Necrolysis(中毒性表皮壊死症)と呼ばれるもので、100万人に1人の確率で発症し死亡率は30-40%になるという。その原因は主に医薬品へのアレルギー反応で、高熱や痛み、全身の疱疹に悩まされるという。

Evaさんの様態が回復するのに時間はかかったが、徐々に良くなり「何ヶ月もかかりましたが、私のモンスターのようになった顔は少しずつ良くなっていきました。」とEvaさんは言う。「以前より強くなれました。」「以前よりも自分の事を信じることが出来るようになりました。」「外見の重要性を知りました」等、この経験をした事で内面もだいぶ変わった事をEvaさんは語る。また、治療中は家族や友達の支えのおかげで頑張れたそうだ。

今ではすっかり普通の肌に戻ったEvaさんは、ウェイトレスとして働いており、今後アメリカにオーペアとして働きに出る計画があるのだという。
(TechinsightJapan編集部 新谷友海)

【関連記事】
老人ホーム内で謎の病気発生。8人が相次ぎ死亡(ドイツ)
マクドナルドのハンバーガーに釘!男性が口内を負傷(スウェーデン)
妻と無理心中? ”この事故で怪我をしなかったのは奇跡”と警察
事故続出!IKEA(イケア)が幼児用の食事椅子を世界中でリコール。
海岸に流れ着いた”胸を締め付ける手紙”。(アイルランド)
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!