「人材ビジネス・トップ・マネジメントセミナー」(本紙主催)が、2009年12月10日、都内で開催された。不況下を生き残るために、グローバル化する人材市場の現状と動向を踏まえ、今後の人材ビジネスはどのような展開をしていくべきなのかについて、業界を牽引する各社のトップ・事業責任者らが参加した。

橘・フクシマ・咲江氏
 第1部の講演会では、世界最大のサーチ・エージェントであるコーン・フェリー・インターナショナルの日本法人代表取締役会長の橘・フクシマ・咲江氏(写真)が、日本の人材市場とグローバル・サーチの動向と同社の事業展開について情報提供を行った。

 フクシマ氏は、経済や社会がグローバル化する中で、日本企業の競争力が失われていることについて、「日本では、若い人たちが海外に行って、経験を積んでこようという意欲を失ってしまっている。新興国の学生やビジネスマンが積極的に世界に飛び出していく姿を見て日本の競争力の低下を感じざるを得ない」と指摘した。

 第2部として、講演終了後に開催された情報交換会では、経営者・事業責任者同士によるビジネスの現況や今後の展開や業務提携などについて話し合われた。

【参加企業35社、45名】
アンテロープキャリアコンサルティング、イムカ、FJBエージェント、キャリア・デべロプメント・アソシエイツ、チャレンジャー・グレイ・クリスマス、テクノブレーン、パーソナル、ヒューネット、ヒューマン・アソシエイツ、ヒューマンリソシア、インテリジェンス、ウイングル、オールビジネスリンク、キャリア総合研究所、キャリアマート、クロスインフィニティ・マネジメント、サイマル・ビジネスコミュニケ−ションズ、アイネクスト、サクセス21、サポート・エー、ジェイブレイン、生産性人材センター、セントメディア、トランサーチ インターナショナル、日本MSセンター、日本医療事務センター、日本コーン・フェリー・インターナショナル、ネクスト、パソナキャリア、プロッソ、プロフェッショナルネットワーク、ベインキャリージャパン、毎日キャリアバンク、リクルートエグゼクティブエージェント、レックスアドバイザーズ

【特集】歴史に学ぶ 日本人材ニュース20年の紙面から〜中途採用復活のきざし、人材会社のリストラ一巡
【特集】人材コンサルタント座談会〜電機業界は“リストラ”と“戦略的な採用”
【特集】人材コンサルタント座談会〜自動車業界は環境対応でエンジニアに需要

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の専門紙。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。