2011年4月入社に向け就職活動を行っている大学・大学院生に人気の業界が、相変わらず「商社」「金融」であることが、就職・転職情報サービスの日経HR(東京都千代田区)が都内の学生を対象に実施した「大学・大学院生の企業選び」に関する調査で分かった。

それによると、「行きたい業界」の1位は、昨年に続き「商社」で、支持率は29.2%(昨年は30.8%)で、3人に1人が志望業界に挙げている。

その他に前年比で伸びが大きかったのは、「銀行」(昨年の22.9%から26.2%)、「生保・損保」(同18.0%から21.3%)、「不動産」(同6.4%から9.7%)の3業界で、いずれも前年比3.3ポイント増となっている。

一方、「行きたくない業界」は「フードサービス」が15.9%でトップ。13.8%の「百貨店・スーパー・コンビニエンスストア」が前年比4.7ポイント増で続いた。

就職活動の開始時期については、3年(院1年)生の「夏(7〜9月)」という回答が25.9%で最多となっている。前年調査では3年(院1年)生の「10月」が26.7%で最も多かったが、就職環境の厳しさを反映して一層スタートが早まったようだ。

人気が集中している「商社」「金融」だが、一昨年に比べると採用数は激減している。昨年は選考にもれた学生の多くが他業界の採用選考に出遅れてしまったことを考えると、適正を見極め早めの志望変更が得策かもしれない。

調査は、2009年11月26日〜12月2日、2011年3月卒業予定の都内の大学・大学院生を対象にインターネットによるアンケートを実施し、756人から回答を得た。

◆関連ニュース

この不況下に、中小企業で採用意欲高まる。10年4月の採用人数は不十分(2010/1/12)

この不況下に、2011年度新卒学生 就職人気企業ランキング 総合1位ANA(2010/1/14)
この不況下に、アラサー女性の3人に1人が今年中に転職したい!?(2010/1/12)
不況時代の転職時の企業選びの基準 年収重視が上昇(2009/12/16)
転職の「きっかけ」に不況の影 「会社の倒産、リストラ、契約期間の満了のため」が上位に(2009/9/16)
中間管理職「次長・課長」の4割 モチベーション低下(2009/9/15)
残業時間減少「20時間未満」が5割 景気低迷の影響か(2009/9/15)
会社選びの新基準 「会社の規模・知名度」よりも「仕事内容」重視の傾向が鮮明に (2009/9/11)
転職後の不安、年齢で違い 「人間関係」「会社の成長」「スキル」など (2009/8/28)
100年に一度の大不況でも不足している職種とは? (2009/8/21)
ビジネスパーソンが選ぶ働きたい業界No1、金融業界は未だに人気! (2009/7/30)
“婚活”と“転活”は反作用!? 既婚者は転職に保守的だが、仕事は充実 (2009/7/28)
ビジネスマンが羨む!?“華麗な転身”を遂げた芸能人ランキング1位は?(2009/7/24)
新卒とは視点が違う!? 転職人気企業No.1はあのメーカー(2009/6/24)
今時の転職志向,給与と福利厚生が充実してれば職種は何でもいい!?(2009/6/5)
求人が激減! 正社員有効求人倍率0.27倍 昨年同月の半分に(2009/5/29)
若手会社員2人に1人が、夏のボーナス次第で転職検討!?(2009/5/28)
「転職厳しい」7割超 打開策は"資格取得"と"給与条件の見直し"(2009/5/26)