今年の干支が寅ということもあり、年初から「虎穴に入らずんば虎児を得ず」という故事成語をよく目にします。有名なので、その意味は省略しますが、これにちなんで、今年のテーマとして「挑戦」や「積極性」を掲げている方もいるのではないでしょうか。特に日本人は、日本人は「積極性」や「自己主張」に欠けていると世界的に見られることが多いようです。この機会に「積極性」について改めて考えてみたいと思います。

 正月恒例の箱根駅伝を見られた方も多いかと思われますが、昨年に続き山の神様を擁して連覇を飾った東洋大学の走りは素晴らしいものでした。東洋大学の連覇の立役者は柏原であることに異論はありませんが、個の力だけで勝てるものではないのが箱根駅伝の醍醐味であり、事実全10区間を通して全ての選手が区間10位以内に入っていたのは東洋だけだったのですが、この事実を知っている人は意外に少ないのではないでしょうか。

 これほど安定した力のある選手を集めている背景にはさぞかし綿密な戦略が存在するのかと思えばそうでもないようです。他の大学のように全国高校駅伝などで活躍した実績のある有望な高校生を取りこむのではなく、いわばダイヤの原石を地道に発掘し、育成指導により光輝かせているのです。このダイヤの原石を見分ける指標のひとつとして、「積極性」に注目しているようです。

 今では山の神様とも言われる柏原自身も高校時代は無名の選手で、入学時の選手はほぼ例外なくインターハイの出場経験すらないことには驚かされます。また、今回柏原の陰に隠れて目立ちませんでしたが、7区で区間賞をとった田中も中高通じて目立った成績はなく通常であれば目に留まらない選手であったのです。

 しかし、東洋大はその後の指導育成により見事光り輝かせ区間賞獲得まで至らせたのです。その時の東洋大学担当者の言葉がある雑誌で紹介されていました。

続きはこちら