国力の衰えは志力の衰えから始まる。志力を育むためには、「ありがとう」を言われる原体験と「社会的起業マインド」の涵養が必要である。


=========

世の中に多種多様にある仕事を次のように分けてみる。例えば―――

「“ありがとう”を言われる仕事」と
「“ありがとう”が全く耳に入ってこない仕事」。

さて、みなさんの仕事はどちらに分類されるだろうか。
私が独立自営を始めて最もよかったことは何かと言えば、
それは(恰好つけでも何でもなく)仕事で“ありがとう”を言われるようになったことだ。

ありがとうを言われると、働く上でどんな心理変化が起きてくるか。

1)
そんなに喜んでもらえるなら、もっとこうしてあげよう、あれをやってあげようとなる。
だから、(無料という意味での)サービス仕事・ボランティア仕事がついつい増える。
しかし、心は晴れ晴れしてやっている。
(サラリーマンの間で問題となっているサービス残業とは全く異なる類のものだ)

2)
へこたれなくなる。
いまだ収益基盤のか細いビジネスで、不安定にふらつきながらやっているが、
お客様の「ありがとう。また来年もよろしくお願いします」の声が聞こえてくるので、
少なくとも、もう1年踏ん張ろう、さらにもう1年踏ん張ろうと、進んでいける。
(悲壮感に陥らないところがいい)

3)
仕事で目指そうとする「想い」がより大きくなる。
ありがとうを言っていただいたお客様や
ありがたいと感じてくださった共感者の方々が、
「もっとこうしたらいいんじゃない」とか
「こういう形もあるんじゃないかしら」とアイデアをくれたり、手伝ってくれたりする。
酒を酌み交わしながら「想い」を共有してくれもする。
すると、自分一人で抱いていた想いが、いつしか複数の想いとなり、
その内容もどんどん膨らんでいく。

このように、仕事で「ありがとう」を言われることの影響はとても大きい。

続きはこちら