「エレメント 構造デザイナー  セシル・バルモンドの世界」で建築に触れる

写真拡大

 構造デザイナーとして名高いセシル・バルモンド氏が手がける「エレメント 構造デザイナー セシル・バルモンドの世界」が東京オペラシティアートギャラリーで開催されている。
 
 セシル・バルモンドは、エンジニアリングの枠を越えて建築家と創造的な協働を行う構造デザイナー。構造エンジニアと聞くと、建築家によってデザインされた建築を、力学や施工などの制約をふまえて物理的に成り立たせ、建物にじょうぶな骨組みを与えるための技術的なサポートをする縁の下の力持ちとしての役割をイメージするが、バルモンドの仕事はそこにとどまらない。「丘の上に空飛ぶじゅうたんのように家を飛ばしたい」「運動がみなぎる四角の箱をつくりたい」建築家から寄せられるこのようなリクエストに独特のアプローチで挑み、彼らの実験的な思考を実現に導くバルモンドには、世界中の建築家から期待と信頼が寄せられている。

 スリランカに生まれ育ち、アフリカ、ヨーロッパで化学、数学、建築を学んだバルモンドは、イギリスの総合エンジニアリング会社アラップに加わり、以来、世界の名だたる建築家とともにさまざまなプロジェクトを手掛けてきた。バルモンドが生み出す新しい幾何学は、建築を従来の四角、三角、円を基本とした静的で閉じたものから解き放ち、複雑さをはらんだ動的で有機的なものへと飛躍させて現代建築の可能性を大きくひらいた。最新のコンピュータ技術と施工技術を駆使しながらも、バルモンドの思考の原点は私たちにとって身近なものにある。太陽を求めて回転しながら成長する植物、枝分かれする葉脈、燃えさかる炎のゆらめき、刻々と変化する陽の光。自然のしくみに注目し、その豊かで美しい秩序を構造に採りいれるバルモンドは、建築に脈動、鼓動を与えて命を吹き込む。

 会場は3つのセクションからなっていて、図面や模型がほとんど存在しない。これは 「情報を読んで理解する」のではなく、「感覚を研ぎ澄ませて体で考える」展覧会にしたいというバルモンドの考えで、会場の冒頭をたくさんの写真やドローイングで埋め尽くしている。

 テクノロジーの粋を集めた現代的な建築でありながら、バルモンドがデザインする構造はその建築を訪れる人びとの奥底に眠る本能を呼び覚まし、感覚と知性を刺激する。自然の形を単に模倣するのではなく、その根源にある美しさを抽出して広がりを持った幾何学へと展開するバルモンドは、建築を既存の枠組みから解放する人としていま最も注目を集める存在である。
 

■エレメント 構造デザイナー セシル・バルモンドの世界
  会期:2010年1月16日(土)-3月22日(月・祝)
  会場:東京オペラシティアートギャラリー
 開館時間:11:00-19:00(金・土20:00まで/最終入場は閉館30分前まで)
 休館日:月曜日(最終日は開館),2月14日(日)は全館休館日
  入場料:一般1,200 (1,000)円/大・高生1,000(800)円/中・小生600(400)円
 *( )内は15名以上の団体料金。その他、閉館の1時間前より半額、65歳以上半額。
  *土・日・祝の中・小生無料。障害者手帳をお持ちの方および付添 1名は無料。
 *割引の併用および入場料の払い戻しはできません。
 問合せ:03-5353-0756 
 ウェブサイト:http://www.operacity.jp/ag/