IT業界の主戦場が、PCからモバイルへ移行しているのは、もうだれの目にも明らか。そしてマス向けビジネスは、コンテンツの無料化が進む中で広告が主戦場になってきているのも明白。だってOSの有料販売や有料ウェブサービスで戦っていこうとしていたら、Googleが全部無料で対抗OS、対抗サービスを出してくるんだもん。当然今までのレイヤーでは無料に勝てるわけもなく、戦いのレイヤーは1つ上の広告、マーケティングになってしまう。Googleが広告レイヤーで戦っていくのなら、競合社はみんなそのレイヤーで戦うしかないんだ。
 Googleが昨年11月にモバイル広告ネットワークのAdMobを7億5000万ドル相当の株式交換で買収するって発表したので、今度はAppleがモバイル広告でどう出るのかなと見ていたら案の定、Quattro Wirelessってモバイル広告ネットワークを買収するって話が飛び出した。
 第一報は、Wall Street JournalのAll things Digitalっぽい。今日(5日)にも正式発表があるみたいだけど、2億7500万ドルで買収したもようだ。AdMobの際に、Appleも買収に手をあげていたみたいだから、まあ想定の範囲内か。
 5日(日本時間でも6日になるかも)と言えば、Googleが記者会見を予定している日。多分自社開発のケータイNexusOneを発表するんだと思うけど、同じ日に発表をぶつけるんだなあ。最近多いね、こういうの。対抗する企業同士が同じ日に会見を行って、相手の発表の反響をトーンダウンさせるって広報戦略。

続きを読む