Korean Timesが報じている。

KT, an exclusive local partner of Apple to sell iPhone, plans to introduce an upgraded version of the device ― 4G iPhone ― to
the domestic market in April at the earliest.
Talksover initial sales volume of such gadgets have already been underwayand KT is set to sell the devices to its bigger local corporate clientsas a "litmus test" in April, KT officials said.

 KT, the runner-up of SK Telecom in the local telecom market, however, plans to provide the upgraded iPhones to local distributors in June.

 実験的に4月にKTから大手企業向けに発売になる、という。正式には6月発売。

a high-ranking KT executive told The Korea Times, asking not to be identified.

 KTの幹部がそう言ったんだってさ。
で、どんな機能かっていうと、

They said the coming 4G iPhones will be equipped with
organic light emitting diode (OLED) screens on surface and live video
chat functionalities, while removable battery is highly likely.

 有機EL画面と、テレビ電話機能、バッテリー取り外し可能・・・。スゲー。

 まあそんなことよりも何よりも、KoreanTimesが自信たっぷりに報じているのがすごい。ご存知のようにAppleのこういった話って普通漏れてこないし、NDA交わしているから、漏らしたところってAppleからこっぴどく怒られるはず。だからこれまでのウワサって、ネタ元が特定できないようなものばかりだったし、ネタ元がある程度分かる話だったとしてもネタ元が使う表現は非常に曖昧なものが多く、結局のところははっきり分からない、って感じのものが多かった。

 米Fastcompanyも少々驚いた感じで、このKorean Timesの報道を転電している。

This is hot stuff, so it needs to be taken with a healthy dose of
skepticism, but the Korea Times is reporting--with extreme
confidence--that the fourth gen iPhone will be on sale in April, with a
pile of new features.

 注意して取り扱わなければならない情報だけど、すごく自信たっぷりに報じているしなあ、というようなニュアンス。



■最新記事
ウィキって情報の整理に便利かも
アクセスが全然ない人のためのアクセス解析サービス「6hit」、もしくは「6hot」
iPhoneOS 4.0はマルチタスク機能搭載というウワサ
米国製PCブランドは20年で消滅とAcer創業者発言
Appleタブレットは「超読書」を作り出せるか=出版業界激変の夜明け前