改革は地方から。ここ数年目立つのが、元気で、はっきりと物を言う知事たち。言行一致で改革を進めるその活躍ぶりは、日本の将来に明るさを感じさせる。地方自治の要、都道府県政を指揮する知事は、企業に例えるなら経営者である。様々な抵抗を打ち砕きながら、改革を遂行する考え方、行動力はマネジメントの良き手本となる。知事の改革を紹介、シリーズトップバッターを飾っていただくのは、埼玉を劇的に変えた上田知事である。

第1回 「成果を出す。夢を育む」


■「やってます」から「成果を出す」行政へ

「やってます、じゃダメなんです。具体的な成果を出さないと」

上田知事の第一声である。行政の長として、どのようなポリシーをお持ちなのか。その問いに対して返ってきたのは、行政機関の長としてはかなり思い切った言葉だった。

「成果を具体的に挙げることについて、意識が低い。役所の職員は、ことあるごとに課題はすべてきちんと認識していると言う。課題解消のための取り組みも手を尽くしてやっていますと言います。しかし、成果はどうなっているのかと突っ込むと黙ってしまうわけです」

現実を理解していない職員が多いのではないか。これが知事にとって最初の問題意識となった。知事のポリシーは、目に見える形で成果を出すこと。そのためには現状を正しく把握しないことには、何も始まらない。

「例えば埼玉県の納税率はどう推移しているのか。全国的に見れば何番目なのか。就任してすぐにこうした質問を投げかけてみましたが、誰も答えられない。今そこにある事実を把握しないで、改革も何もないでしょう。だから、まず指示を出したのが平成に入ってからの納税率の推移をグラフで出してもらうことでした」

見える化の威力である。グラフを見れば一目瞭然、平成7年ぐらいまでは全国平均とほぼ同じ推移だった県の納税率が、平成8年から著しく異なった動きを見せている。


続きはこちら