有名ゲームメーカーのスクウェア・エニックスの看板ゲームといえば、『FINAL FANTASY XIII』(プレイステーション3)ですよね。そこに作品に登場するゲームキャラクターのヴァニラは、ちょっと天然系な性格ながら、強い意思を持った美少女キャラクターとしてゲーム展開を楽しく盛り上げています。

ヴァニラの容姿があまりにもタレントの矢口真里さんに似ている事から、ゲームファンたちの間では「ヴァニラは矢口真里をもとにデザインされた」と言われています。声も少しですが矢口真里に似ているようです。でもゲームのイメージを大切にしたいゲームファンの中には矢口真里さんがモデルであることを認めたくない人もいるようです。

そんな背景があるヴァニラですが、ゲーム好きで有名な矢口真里さんが「ヴァニラが自分に似ている」と気がついたらしく、雑誌のコラムで「『ファイナルファンタジー13』のヴァニラにも挑戦してみたかった!」と発言し、ゲームファンたちから反感を買っています。矢口真里さんは

レイトン教授の新作シリーズにぜひとも出演してみたい!!!!(声を大に)。役どころとしましては、ナゾの少女。そのストーリーのキーパーソン的な立場の。え〜、スタッフの皆様、いかがでしょうか? ナンテ☆ ( ̄∀ ̄) ちょっとアレなお願いでしたね。スミマセン・・・・・・ m(_ _)m あとはねー・・・『ファイナルファンタジー13』のヴァニラにも挑戦してみたかった! あ。もちろん、いまさらなコトなんですけどね。すでに素晴らしい声優さんが演じられていてまったくもって不満もないんですが、
気に入っているキャラクターのひとりでして。エヘヘヘ f(^ _ ^; うーん。今度ゲームしながら、ひとりでなりきりアフレコでも楽しんでみようかしら? そんなこんなで、今年はもっともっとゲームに携わった仕事に挑戦したいです。
(コラムより引用)

そんな矢口真里さんの発言にゲームファンたちは「うぜぇぇぇぇマジうぜぇぇぇ」と怒りをあらわにしています。なかには「これはひどいw 矢口にならなくてホント良かったなw」と失笑している人も。イメージを大切にしている人が多くいるゲームですから、キャラクターに関する発言は、そのあたりを配慮したものにしたほうが良いかもしれませんね。

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースもあります