エコ、グリーン、環境に優しいといった言葉で安易に社会的価値に訴えるのは、安易なように見えて、実は両刃の剣です。今回は、そうした行動が、いかに情報の出し手である企業にとって望ましくない結果になるか、また、そうならないようにするにはどうすれば良いかについてのお話です。

あなたは「グリーンウオッシュ」という言葉を聞いた事はありますか?

グリーンウオッシュは、環境に配慮した洗剤ではありません。「グリーンウォッシュ(Greenwash)」は、商品やサービス、企業などのPRや、マーケティング、販売宣伝において、根拠や関連のない謳い文句により、環境に配慮しているように訴える、コミュニケーションの相手に印象づけようとする行為を指します。

英語で環境への配慮を示すGreenと、安価な塗料、転じて、ごまかし、粉飾、取り繕いという意味を持つwhitewashを組み合わせた造語です。上辺だけで環境に取り組む企業は、「グリーンウォッシュ企業」と呼ばれ、消費者から不買運動などの激しい反発や厳しい評価を受ける事になります。

くれぐれも、海外で実際に環境に配慮した洗剤を販売される企業は、"Greenwash"という商標名をつけないで下さいね。あるいは、しゃれでつければ相当な注目を得られるかもしれませんが、そうしたふざけた名前の商品がどれたけ売上を上げるかの責任はご勘弁を。

日本では、似た言葉に「エコ偽装」があります。エコ偽装は、大手製紙メーカ各社による古紙配合比率の偽装によるエコマークの不正取得事件で広く使われました。最近では、昨年の日立アプライアンスが環境への配慮を謳った冷蔵庫で、謳われていた二酸化炭素削減効果は、あってもその1/4から半分以下、しかも、環境負荷削減につながるとしていた原材料は、実際には一時的に一部製品に使われているのみといった事件で使われていました。


続きはこちら