親孝行は?

写真拡大

テレビウォッチ>「正直いって土俵に上がるのが怖くなった。スッキリけじめをつけ悔いはないです」。元大関の千代大海が1月13日、土俵に別れを告げた。

   大関在位歴代1位の65場所、カド番も歴代最多の14場所。番組がその『ツッパリ人生』を取り上げた。


   「忘れられないね、あれは。ひと言でいうとやんちゃ。ああいうのがこんなになっちゃうんですから。やっぱり指導がよかったんじゃないの……」

   13日の引退会見に同席した師匠の九重親方が笑いながらこう語った。

   その千代大海が大分市で生まれたのが34年前の4月。小学生時代はやんちゃで通し、中学に入るとケンカで明け暮れるツッパリの日々。同級生によると「とにかく悪かった。10対1でも独りで向かっていった」。

   泣かされたのは両親。母親は「学校の規則を破るのはしばしば。何度も呼び出されて苦労しました」。父親も「おかげさまで刑事さんとお友達になりました」というほど。

   そのツッパリを変えたのは母親の次のひと言だった。「何のために育ててきたのか……このまま一緒に死のう」。

   で、本人もようやく「親孝行しよう」と一念発起、九重部屋に入門した。16歳で初土俵。以来、ぶちかまして突っ張る押し相撲を続けた17年だった。

   スタジオのみのが、中学時代のツッパリ写真を見ながら「結構カッコいい頭ですよね〜」と。電話で繋がった母親が「やめなさいといっても、毛抜きで抜いてました」。

   また、みのが「何か親孝行しました?」に、母親は「『クソ婆、死ね!』とか言っていたのが、『長生きしてオレの孫の顔を見るまで死ぬなよ』と言ってくれるのが嬉しい」と。

   そして初場所3日目。4歳上のライバル魁皇との対戦で魁皇の『送り投げ』に敗れた。

   本人は「1日何十回もVTRを見まして、あんな負け方は見たことない。ここは引退するところかな……」と決意したという。

   引退会見で記者から「ツッパリ少年に何かメッセージを」と求められた千代大海は照れながら……

   「そんなにツッパッてないですけど……自分が入門する時、親孝行という目標があった。ひとつ目標があれば人生変わることを経験として伝えたい」。

モンブラン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!