NRF(全米小売業協議会)が発表した「イノベーター・オブ・ジ・イヤー」は・・・?。「革新」というと、「技術革新」など、テクノロジー寄りのことのように思われてきたが、ウェブ時代、「個」の時代に、その定義が大きく変わりつつある・・・。

NRF(National Retail Federation:全米小売業協会)の年次カンファレンス「BIG SHOW」が、10日からニューヨークにて開催されている。その席で、ザッポスが二つの栄誉ある賞を受賞した。

ひとつは、優れた顧客サービスを称える「Customers’ Choice Award(カスタマー・チョイス・アワード)」、もうひとつは、「Innovator of the Year(イノベーター・オブ・ジ・イヤー)」と呼ばれるもので、その年、アメリカの小売業で最も革新的であると評価された企業に与えられる賞だ。

「カスタマー・チョイス・アワード」の方は、ザッポスが上位10位にランクインするのは2007年以来三年目で、ランキングは昨年と変わらず第三位だ。親のアマゾンはザッポスに続き第四位。一位と二位は、アパレル・リテーラーのL.L.Bean(エル・エル・ビーン)と、ネット通販のオーバーストック・ドット・コムが占めた。これら上位二社も昨年と変わらずで揺ぎ無い。

「カスタマー・チョイス・アワード」は、米国全域から、8,600人の消費者を対象とした意識調査をベースに決定される。小売業者の規模や地理的カバレージ、またフォーマット(店舗、カタログ、ネット、TV通販など)に関係なく、「顧客サービスが最も優れている企業」を顧客に名指しで選んでもらって、それに各企業の業績を掛け合わせて評価するという。


続きはこちら