R-1敗退のピン芸人KICK☆が嘆く「アイドルも受かってるのにヒドイ」。

写真拡大

お笑い番組「エンタの神様」(日本テレビ系)や情報番組「ラジかるッ」(同)などへの出演を経て、昨年12月には格闘イベント「DEEP CAGE IMPACT 2009」でプロ格闘家デビュー(1回2分18秒TKO負け)を果たしたお笑い芸人のKICK☆(ホリプロコム所属)。そんなKICK☆が1月12日に行われた「R-1ぐらんぷり」の東京予選1回戦に出場し、2回戦に進むことなく敗退したが、本業のピン芸人としても結果を出せなかったことを公式ブログで嘆いている。

12日に更新されたエントリー「結果速報の巻」では、まず、「R1ぐらんぷり一回戦で敗退!!バカヤロー!!何をやっても負けてばっかりだ!!」と、敗退したことを報告。ピン芸人として活動している以上、“ピン芸人No.1を決める大会”と位置づけられる「R-1」は是が非でも欲しいタイトルだが、「一回戦で負けるって相当ダメだ」「漫才畑の人間がピンでやっても受かってるしアイドルも受かってるのに正真正銘ピン芸人が初戦で負けるってヒドイ!!」と、畑違いの人たちが次々と2回戦に進出している中での敗退は、かなりのダメージを受けたようだ。

「俺は負けたと思っていなくても審査員をブン殴ってやりたいと思っても評価は第三者がするもの これが現実!!」と、あまり結果に納得はしていないようだが、「今イイと思ってるものをぶつけて負けたんだから悔いはない!!」という。

「R-1ぐらんぷり」の予選は昨年末から始まっているが、12日はタレントの上原さくらが参戦したことで注目を集めた予選。上原さくらに加え、同じホリプロに所属するアイドルの滝口ミラ、タレントの浜口順子も2回戦進出を決めている。

KICK☆は2005年にお笑いの世界にデビューし、代表的な出演番組である「エンタの神様」では「♪チャランボ〜チャランボ〜」とムエタイ風の出で立ちで、芸能人の発言やブログでのコメント、世の中に突っ込みを入れていく芸風を見せていた。

また、過去にキックボクシングのアマチュアの大会で戦っていた(通算6戦5勝1敗4KO)経験を活かし、2008年にはK-1トライアウトに準合格。昨年の「DEEP CAGE IMPACT 2009」でのプロ格闘家デビュー戦敗退時には、今後もお笑い芸人と格闘家を両立させていく考えを明かしている。