<今週の悩める患者さん>
生理と生理のちょうど間くらいに、ちょっとだけなのですが出血があります。 どこも痛くはないし、そんなに大出血というわけではないので、病院には行っていません。 ただ、それが3ヶ月ほど続いているのでちょっと気になってはいます。 昔から生理は順調です。
(27歳 里美)

<なおみ先生の処方箋>
生理と生理の間の出血で一番多いのは「中間期出血」という正常な範囲の出血。 大体排卵日前後に、2〜3日ごく少量の出血がちょこっとあって、すぐ治まるのが特徴です。 基礎体温をつけてみれば、出血の時期と排卵の時期が一致しているかどうかはすぐ判断できますよ。

ただし、生理以外の出血つまり不正出血の原因は、他にも、クラミジア感染・子宮頚管ポリープ・子宮癌など、見逃してはいけない病気も含まれてるので要注意。毎年ちゃんと癌検診を受けていて、パートナーが変わるごとに性感染症のチェックもしてるなら、「たぶん中間期出血だな」って様子をみるのもありだけど、全く検査を受けたことがないなら放置するのは危険です。例えお腹の痛みがなくても、出血量が少なくても、不正出血があったら一度は必ず婦人科で検査を受けましょう。

検査を受けて、癌も感染症もちゃんと否定できれば、安心して様子をみれますからね。 検査を受けずに自己判断で様子をみたばっかりに、早期発見のチャンスを失ってしまったら後悔するでしょう?

中間期出血がたびたびあってわずらわしいようなら、3〜4ヶ月低用量ピルで子宮内膜のお掃除をするのがおすすめ。 中間期出血は、内膜が厚くなり過ぎていると起きやすいので、ピルで内膜を薄くすると途中の出血もしにくくなるんですよ。

<なおみ先生のプチ★アドバイス>
☆量は少ないけど生理と関係なくたびたび不正出血がある
→癌の初期症状ってこともあるのですぐに婦人科を受診しよう。

☆セックスの後に2〜3日少量の出血が続く
→びらんからの出血の可能性が高いけど癌検診とクラミジアのチェックは受けておこう。

☆毎年検診を受けていて何も異常がないのに生理と生理の間に少量の出血がある
→中間期出血(排卵期出血)の可能性大。 基礎体温をつけて様子を見てみよう。