今日は、Googleがリリースした日本語入力システム「Google日本語入力」(Google IME)を、SEOやキーワード広告に役立てる方法を解説します。既存の日本語入力システムとは違う情報を元に作られたこのシステムだからこそ実現する使い方です。

Web担をずっと見ている人なら、SEOでもキーワード広告でもキーワードの調査と選定が何よりも大切だということは理解しているでしょう。SEOならどのキーワードで上位表示させるか、キーワード広告ならどのキーワードを買うかですね。

Google日本語入力は、そのキーワード調査に使えるのです。

改めて解説しておくと、Google日本語入力とは、いまはWindows向けだけに提供されている日本語入力/変換用のプログラム。MS IMEやATOKと同様のプログラムですね。グーグルのほとんどのサービスはブラウザから使うものですが、Google日本語入力はコンピュータに入力して使います。

Google 日本語入力のダウンロード
→ http://www.google.com/intl/ja/ime/

なぜGoogle日本語入力がSEO/SEMのキーワード調査に使えるのかというと、他の日本語入力システムが入力システム向けに作られた「辞書」を使って日本語変換をしているのに対して、Google日本語入力は、インターネット上の大量のWebページで使われている日本語をもとに変換辞書を作っているからです。つまり、Google日本語入力の変換候補は、ウェブ上でどんな言葉が使われているのかを示しているのです。

ただし、この用途で使うにはコツがあります。というのも、日本語を入力してスペースキーを押すと漢字変換モードに入ってしまうので、入力後にキーを押すことです。そうすると、入力した言葉を含む多くの表現の候補を示してくれます。





続きはこちら