何が怒りに触れたのか(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

写真拡大

ジェームズ・キャメロン監督のSF超大作「アバター」が世界中で大ヒットを続けるなか、バチカン市国のロセルバトーレ・ロマーノ紙が、同作を酷評している。

同紙は、1月9日に行われた同作の伊プレミア上映を受けて 「センチメンタルなお涙ちょうだい映画」「キャメロンは、パンドラのファンタジー世界の創造に力を入れ過ぎ、ストーリーが深みのない、精彩を欠いたものになってしまった」と痛烈に評し、さらに「驚くべきテクノロジーには魅せられるが、真の人間の感情に乏しい」と嘆いている。

また、世界中で放送されているバチカン市国のラジオ放送も「エコロジーを信仰とした偽りの教義を黙認している」と同作を非難している。

近年、同市国のメディアでは、ポップ・カルチャーに関する発言が増えており、「ダ・ヴィンチ・コード」のような、カトリックの信条に反すると見られる可能性のある作品にしばしば警告を発している。だが一方で先月には、キリスト教に関する不敬な内容満載の米アニメ「シンプソンズ」の20周年を祝し、「現実的で知性に満ちた脚本によってアニメーションに大人の視聴者を呼び込んだ」と称えている。

「アバター」は、15日にイタリアの800館で公開される。ほかの地域より公開が遅れたのは、20世紀フォックスが、同国で人気のあるコメディ映画と時期が重なることを避けたためだという。