「インスタントラーメン発明記念館」でチキンラーメンをガチで手作り!

写真拡大

日清食品の創業者・安藤百福氏が、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明してから約半世紀。その発祥の地、大阪・池田には入館無料の「インスタントラーメン発明記念館」がある。インスタントラーメンのパッケージが800種以上も展示される同館は、見学だけでなく体験型の記念館として人気だ。

【自分だけの“オリジナルカップヌードル”を作ろう!手順はこちら】

館内には、「カップヌードル」の開発エピソードなどを上映する“カップヌードル・ドラマシアター”や、「チキンラーメン」を開発した当時の“研究小屋”を再現するコーナーが。また、日清食品のおもな商品の歴代パッケージを展示する“インスタントラーメン・トンネル”には、800種以上のパッケージが展示され、圧巻だ。

体験型のコーナーで注目なのが、自分でデザインしたカップに、好きなスープと具材をトッピングできる“マイカップヌードル・ファクトリー”(有料)。自販機でカップ(300円)を購入し、用意されたマジックでカップにデザイン。麺を入れた後に、4種のスープから1つ、12種の具材から4つ選んで投入、ポンプでエアパッケージをしたら“マイカップヌードル”の完成だ。かわいらしいパッケージで、食べるのがもったいなくなってしまうかも!?

一方、“チキンラーメン手作り体験工房”では、「チキンラーメン」の手作り体験ができる(500円)。麺をこねたり、味付けをしたり、実際の工場の工程を体験できるとあって人気だ。希望日の3か月前から電話で予約できるので、早めの予約がオススメ!

ちなみに2月3日(水)〜28日(日)、“チキンラーメン手作り体験工房”ではバレンタインバージョンの“ハート形のチキンラーメン作り”を実施。“マイカップヌードル・ファクトリー”では、2月1日(月)〜3月14日(日)に、ハート形かまぼこも数量限定で登場するのでこの機会にぜひ足を運んでみて。【詳細は関西ウォーカー1月4日発売号に掲載】

【関連記事】
国産野菜で好調の「リンガーハット」が麺の小麦も国産化! (東京ウォーカー)
つけ麺、ベジポタ、甲殻系!全国6エリアのラーメントレンドを徹底調査 (東京ウォーカー(全国版))
北海道初上陸!日本全国約200種類の袋めんがそろう店 (北海道ウォーカー)
「雪印」の工場にある“受験生に人気の神社”って? (北海道ウォーカー)
売上10倍増も!種類豊富な“レンジ専用調理器具”が大人気 (東京ウォーカー)