就職氷河期と言うけれど、バブル期に比べて本当に就職数は絞られているの?
企業の努力が足りないのはほんと?
…いやいや。
今週の『エンゼルバンク』はそのことを教えてくれます。そしてもうすぐTVドラマ開始!

◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。


1/14(木)午後9時、からTV朝日系列で放映が開始するドラマ『エンゼルバンク』。
http://www.tv-asahi.co.jp/angelbank/
三田紀房さんの『ドラゴン桜』に続くシリーズですね。
(登場人物が一部重なります)

『エンゼルバンク』は「週刊モーニング」で毎回必ず、楽しみにして読んでいるんですが、今週号(1/7発売)は震えました。
そうそう!と、何度も首を縦に。


今週号の『エンゼルバンク』、テーマは

「今、マスコミが騒いでいる新卒学生の「就職氷河期」はすべて嘘っぱち!」

話はこう続きます。


・1955年 56.5%
1970年 35.1%
2008年 13.5%
これは日本の自営業者の割合。

・1985年 450
2009年 773
これは日本の大学の数。

・1990年 324164人
2008年 388227人
これは4年制大学の卒業者で、正社員就職をした数。

・1990年の大卒者は400103人
2005年の大卒者は551016人。

「バブルの好景気だった1990年より、2008年の“4大卒”の就職者は多い!」

「大卒者の就職者が減ったのは“景気の悪化”よりも“大学生の増加”であるわけだ」

(話のあらすじはここまで)


感情や「噂」に流されない、データを見ることの大切さが、漫画でテンポよく語られており、とても納得しながら読めました。


そして、話の最後の方は

「みんなサラリーマンになることを欲しているだけ」

「サラりーマンという選択肢に限ったことじゃない、としたならば、将来の道が“今厳しい”なんて言えない」

道なんていくらでもある、自分で道を切り開け、と続きます。

続きはこちら