18万人動員の「ふるさと祭り東京」第2弾!目玉はすべて400円の“高級食材どんぶり”

写真拡大

昨年、4日間で18万人もの来場者を集めた「ふるさと祭り東京」の第2弾が1月8日〜11日(祝・月)、東京ドームで開催される。何とここでは、ご当地高級食材のどんぶりが400円で食べられるというから見逃せない!

【こんなに豪華な丼が400円!?】

今回の目玉企画は、来場者の投票によって全国ナンバー1が決まる「ご当地どんぶり選手権」。来場者が1つでも多くのどんぶりを味わえるようにと、ハーフサイズ400円で用意された15種類はどれもお得だ。“ご当地ブーム”と“地元のうま味”が凝縮されたどんぶりを、ガッツリ堪能するチャンス!

例えば、北海道産のイクラを目の前でふんだんに盛り付けてくれる「ぶっかけイクラ丼」は、豪快な見た目通りボリューム満点。富山湾の宝石「白エビ」を使用した「白エビかき揚げ丼」は、白エビの上品な甘みと、サクサクとしたかき揚げの食感が絶妙にマッチした逸品だ。ほかにも、ズワイガニを使ったどんぶりや豚丼など、バラエティー豊かなどんぶりが用意されているので要チェック!

また、「ふるさと祭り東京」では、どんぶりの販売に加えて、地方でしか味わえない名産品や珍味、郷土料理などグルメが味わえるほか、実際に伝統工芸に触れたり、日本各地の祭りを楽しんだりできる“体験参加型イベント”も行われる。来場者がその場で簡単に参加できる舞やショーもあるので、家族や友だちとにぎやかに参加したい。

いくらに白エビなど、全15丼で展開する“高級食材どんぶり”を、思いっ切り食べた後には、体験イベントにも参加して、充実した1日を過ごそう! 【詳細は東京ウォーカー1月4日発売号に掲載】

【関連記事】
1000円で高級食材ゲット! アメ横の“激安底力”をガチンコ検証 (東京ウォーカー)
12月27日(日)は臨時開市!築地市場でマグロ食べ納め! (東京ウォーカー)
今東京で食べたい“ご当地グルメ”ランキングBEST3! (東京ウォーカー)
掘り出し“ご当地メシ”続々発見!ふるさと祭り東京 (東京ウォーカー)
巨大ねぷたにご当地メシ 「ふるさと祭り2009」の楽しみ方 (東京ウォーカー)