キャンペーンで配布されていたブログパーツ(画像)
 サイバーエージェントは7日、同社の無料サービス「Ameba」 (アメーバ)にて提供しているブログパーツにおいて、外注先が運営管理するサーバに改ざんが確認されたと発表した。

 改ざんされたブログパーツは、セキュリティ啓蒙キャンペーン「Norton Police City in Ameba」(ノートン警察)で配布されていた容疑者捜査ブログパーツ。ノートンのウイルス対策ソフトのイメージキャラクターである中川翔子さんが登場し、ウイルスなどについて学ぶ内容だった。

 改ざんされた期間は2009年12月26日〜2010年1月6日で、キャンペーン自体は2009年12月9日に終了しており、該当のブログパーツも1月6日より利用停止となっている。改ざん期間中に該当ブログパーツを掲載しているサイトを閲覧していた場合、ウィルス感染の可能性があるという。

 同社委託の制作会社が運営管理するサーバが、2009年12月26日23時15分、不正にアクセスされブログパーツのファイルが改ざんされたとのこと。なおシマンテック、および中川さんが所属するワタナベエンターテインメントは、ブログパーツの作製・管理に関していっさい携わっていないとのこと。

※[お詫びと訂正]初出時の画像について誤りがございましたため、差し替えを行いました。深くお詫び申し上げます。

■関連ニュース
無償ツールで「Gumblarウイルス」チェックを 〜 セキュアブレインが呼びかけ
年末年始を迎える前に… IPA、Webサイト改ざんに関する注意喚起
マルウェア「Gumblar」亜種で1250以上のサイト感染――カスペルスキー
偽のマイクロソフト製セキュリティソフトが登場 〜 トレンドマイクロ調べ
Microsoft Exchange Server 2010日本語版、11月2日より提供開始