企業人である前に、人間です。
感謝の気持ちを伝えたいときは、はっきりと「ありがとう!」と言います。

なんでインターネットの世界では、それをやらない企業が多いんでしょうか…?

◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。


先日あったお話から。


僕はGoogleのブログ検索で、Z会について触れてくれたブログをかなりマメにチェックしています。
もちろん全部は見切れませんが、お客さんがZ会についてどんな話を書いてくれているか、どんなところに悩んでいるか、そして何よりも、Z会やっててよかった!のような嬉しい話を自ら見つけ、仕事のモチベーションにするために。


先日、ブログ検索で、「海外生活 徒然記」というブログを見つけました。
ブログにはこんなタイトルが。

Z会小学生コース 入会しました

記事を読み、嬉しくなってすぐに「ありがとう」の気持ち、そして「しっかり引き締めて、Z会も教材を作らないといけませんね」という気持ちをコメントしました。
すると著者の方からコメント返しが。これまた嬉しいものでした。


さて。
企業の人間であることを明かしつつ、ブログにコメントをすること、なぜか世の企業では避けがちな傾向にあるような気がします。
こういうコメントをする例を社外の方に話すときに、よく表明される懸念事項を3つ挙げます。


1.「だって、自分の企業を代表しているわけじゃないんだし。。。」

コメントをする段階で一人の私人ではなくなり、「Z会」という企業の殻をかぶった人間になることは確かですから、そういう意味では「Z会」という法人の「ほんの一部」を代表している側面がゼロとはいえません。

けれど、そのコメントが、Z会のすべてを表している、なんて、誰が考えます?


続きはこちら