Image by: Vivienne Westwood

写真拡大

 英国ブランド「Vivienne Westwood」が、「Vivienne Westwood Anglomania(ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア)」ラインと「Lee(リー)」ジーンズとのコラボレーション商品を発売することが明らかになった。2010-11年秋冬シーズンより店頭展開のスタートを予定している。

 「Vivienne Westwood Anglomania」と「Lee」のコラボレーションでは、デザイナーVivienne Westwoodが1970〜1980年代に発表してきた、独創性に富んだパンクスタイルやパイレーツ・コレクションなどのアーカイブコレクションから主にインスピレーションを取り入れただけではなく、彼女が長年培ってきた斬新なカッティング技法もデザインに落とし込まれた。これにLEE社がジーンズ分野で幅広く培ってきたノウハウを用いてデザインを再解釈。その結果、最も独創性を追求してきたデザイナーの1人であるVivienne Westwoodの視点からデザインされたデニムは、とても斬新に仕上がった。

 ジーンズではレディスで5スタイル、メンズで4スタイルの構成で、その他にはデニムシャツや プリントTシャツなどの展開も予定。レディスでは、スリムフィットや「ボーイフレンドデニム」と言われるバギータイプ、マイクロショートパンツのほかにもスーパースキニー・ジーンズが登場。またメンズでは、ロックンロール・スキニーフィット、ボンデージ・ジーンズ、股上が深いオーバーサイズ・ジーンズや、よりシンプルなイージィーフィット タイプなど、バリエーション豊富にラインナップする。

 ブラックデニム、ダークインディゴカラーのデニムにはノンストレッチとストレッチ加工のものが用意され、よりアンティーク調に見えるようヴィンテージ風のウォッシュ加工を施したものとコントラストを生み出す。また、エレクトリックブルーやレッド、エメラルドグリーン、キャメルや白などの明るい色合いのオーバーダイ・デニムも展開される予定だ。

 さらには、メタリック調にプリントされたゴールドやコッパー・カラーのデニムに加え、Vivienne Westwoodのクチュールガウンのデザインから引用されたトロンプ・ルイユのレース柄が全面プリントされたデニムなど、Vivienne Westwoodならではのデニムも登場する。

 Vivienne Westwood社のCEOであるCarlo D'Amario(カルロ・ダマーリオ)氏は、「我々にとって、LEE社のような確固たる伝統のあるデニムブランドとコラボレーションすることは非常に重要であると考えています。Vivienne Westwoodのクリエイティビティと取り組めば、手ごろな価格で提供できる、真のオリジナル商品を創り出すことができるのです。」と述べている。

 また、VF Jeanswear International社のGiorgio Presca社長は、「我々は今回のコラボレーションで、やっと夢を実現する事ができました。我々にとってVivienne Westwoodは常に、そして最もアイコニックであり、またクリエイティブかつ影響力のあるデザイナーの1人であると高く評価していました。LEEもまた、デニム文化そのものを象徴するブランドです。今回のコラボレーションは、Vivienne WestwoodとLEE、この2つの強いアイコンの融合であり、LEEブランドの将来にとって最も有望なプロジェクトの1つであります。」とコメントを残した。

 これらのコラボレーション商品の詳細は、2010年1月中旬にイタリア・ミラノで発表され、2010-11年秋冬シーズンより「Vivienne Westwood」のブティックのほか、世界各国の厳選されたリテーラーを通して販売を予定している。