松本零士氏デザインの三重“忍者列車”にブルーの新車両登場!

写真拡大

忍者の里・伊賀上野を走る伊賀鉄道の忍者列車に12月24日、新デザインの車両が登場した。デザインは、今回も漫画「銀河鉄道999」で知られる漫画家・松本零士氏。1997年から引き続き、第4弾になる。

松本零士氏のデザインの車両アップはコチラ!フロントには、忍者の目がキラリと光る

青い車体には切れ長の目が光る忍者の顔のアップが描かれ、迫力バツグン。内装も和風にデザインされ、外装はもちろん、乗ってからも楽しめるのがポイントだ。

また、1月3日には上野市駅近くに複合施設「伊賀もん町家 西膳」がオープン。町家を改装した館内には、伊賀焼タジン鍋や地元食材を使ったレストラン「旬彩さまざま」などが入る、注目の新スポットだ。

伊賀神戸駅から、伊賀上野駅までを結ぶ忍者列車は、20分から40分ごとに毎日運行。忍者の目が光る列車で、いつもとは違う旅気分を味わってみて。【詳細は関西ウォーカー1月5日発売号に掲載】

【関連記事】
デビューイベントも充実!三重・伊賀鉄道に“新忍者列車”参上 (東京ウォーカー)
鉄道ファン殺到!不況でも人気の“トレインビュー”ホテル (東京ウォーカー)
電車も犬も忍者に!?忍者の里・伊賀上野がアツイ! (東海ウォーカー)
“銀河鉄道999”デザイン列車を撮りまくり大公開! (東京ウォーカー)
GWは伊賀で忍者の世界を満喫しよう! (東海ウォーカー)