今日は、昨年末に開催された

『AvecDAY20009 WINTER オープンハウスセミナー』
(株式会社エイベック研究所主催)

において報告された、

ユーザーコミュニティ(企業運営CGM)活用事例

を簡単にご紹介しますね。


「進研ゼミ」でご存知の

株式会社ベネッセコーポレーション

では、

「任天堂DS」

に中学生を対象とした、
教科書対応の学習コンテンツを
組み込んだ新商品、

『得点力学習DS』(以下「学習DS」)

の導入に当たって、
体験モニターを募集しました。

08年1月の初版第一弾のための
初期フェーズにおけるモニター数
は100名強でした。

応募してきたモニターには、
エイベックが提供するインターネットの
コミュニティシステムに登録してもらい、
継続的なリサーチを行う仕組みを構築。


結果として、
次のような成果を上げています。

------------------------------------------

・発売以前には収集困難な利用者のナマの声、
 すなわち、「利用体験記」を数百件収集できた。
 (初期フェーズでは約240件)

・また、モニター自らが語る同商品の
 「推薦文(リコメンド)」も初期フェーズで
 60件ほど集まった。

・モニターを対象とするリアルなグループインタビューの
 の実施に当たっても、1週間程度で簡単に協力者を
 集めることができた。

・上記の体験記やリコメンドをダイレクトメールを
 始めとする各種広告・販促施策に組み込むことで、
 説得力の高い効果的なコミュニケーションを展開できた。

・モニターの利用実態から『学習DS』を利用することによって、
 従来の紙の添削教材の利用促進にもつながることが判明した。

・上記の事実のおかげで、『学習DS』導入によって従来商品が
 喰われるのではないかというベネッセ社内の不安を払拭できた。
 
・『学習DS』を子どもだけでなく、
 親も利用してみることで『学習DS』を通じた
 親子の対話が増えるといった予想外の効果も発見できた。

・体験記を書いてくれたモニターには、

続きはこちら