1月1日の日経MJ一面。特集の本論ではないものの、「韓国の百貨店」に関する記述がとても重要だと思った。

 以下、記事を抜粋する。

 <販売不振に苦しむ大手百貨店の首脳が、打開策を求めて訪れる国がある。韓国だ。><韓国の出生率(2008年)は1.19と日本より深刻だ。百貨店が人口減少時代を生き抜くためのヒントも韓国にある。><「日本の百貨店の問題は、社会と共に高齢化したことだ」と現代百貨店の河へい(火へんに丙)鏑社長は指摘する。同社は「stay young(若いままで)」をテーマにした中高年への若返り提案に力を注ぐ。実際の年齢より10歳程若い着こなしや健康管理、趣味などを、商品やイベントを通じて積極的に訴える。>

 ハーバード大学大学院の教授セオドア・レビットの格言。「顧客はドリルが欲しいのではない。穴を空けたいのだ」。
 もっと正確に引用すると、「昨年度、4分の1インチのドリルが100万個売れた。これは、人が4分の1インチのドリルを欲したからでなくて、4分の1インチの穴を欲したからである」と、レオ・マックギブナという人物の言葉をレビット教授が引用した一節である。(レビットのマーケティング思考法・ダイヤモンド社)

 上記の言葉は「ニーズ」と「ウォンツ」の関係をもっとも端的に説明した言葉である。顧客は何か実現したい理想の状態を求めている。それが「ニーズ」だ。そして、実現できていない現状を解決する「対象物」として求められるのが「ウォンツ」。この関係がしばしば混同される。顧客は単なるモノとしての「ドリル」に対価を払うのではない。「穴を空けられる」という「価値」に対して対価を払っているのだ。

続きはこちら