サービスには幾つかの特性がありますが、「見えないものが多い」というやっかいな特性があります。
餃子の王将、丸亀製麺、オムロンフィールドエンジニアリングが、上手く見える化させ、顧客満足向上に成功している秀逸な事例をどうぞ。

◆今回は、サービスのお話です。
世の中、一歩家から外に出るとサービスだらけです。
駅から電車に乗り、会社の途中のコンビニで飲み物を買い、お昼は近
くの定食屋でランチ。 

◆飛行機で出張し、現地でホテルに宿泊。 地元の居酒屋で飲み会。
タクシーに載ってホテルに帰るも、泥酔し、翌朝寝過ごしそうなと
ころをホテルのモーニングコールサービスで危うく起床。 

◆天気予報をTVで確認しながら一番早く目的に辿りつくための交通
情報を携帯で得る。 10分で出来上がる高速ヘアカットサービスを
受けて、パチンコ屋にこっそり立ち寄り、すってんてんでやっと帰宅。

◆新聞を読みながら、ネット通販で軽く買い物をし、ラジオで音楽を
聴きながら就寝。 これらすべてをサービスが提供してくれている
のです。 今の我々の生活は、サービスなしでは成り立ちません。

◆サービスには、幾つかの特性があります。 まず、「見えないも
のが多い」ということ。 次に、「生産と消費が同時」という特性
のために、在庫が難しい。 また、事前の出荷検品が出来ません。

◆さらに、「サービスは個別化要求が強く」、「お客様と共同生産
する」ものが多い。 これらの特徴は、サービスの難しさを表して
います。

◆この中の、「サービスには見えないものが多い」という特徴に着目
してみたいと思います。

◆今や、形のあるハードウェアなどの製品でさえも、容易に販売する
のが難しい中、サービスの場合、見せるべきカタチのあるものが事前
になく、お客様に事前に手にとって試してもらうことも出来ません。

◆お客様にとっては、目に見えない商品を、何らかの決心をして納得

続きはこちら