「任天堂ハードでは任天堂ソフト以外売れない」WiiやニンテンドーDSについて度々聞く台詞である。確かに両ハードで売れているソフトを順に見ると、圧倒的に任天堂ソフトが売れている。しかし、売れないから別ハードで出すというのも安易すぎるのではないだろうか?

現行機ではどれでも苦戦を強いられているサードメーカー。中でも任天堂の据え置き機Wiiと携帯機DSは、任天堂ソフトは売れるがサードメーカーソフトは売れないと言われている。だが、これは本当にWiiやDS市場に問題があるのだろうか? っかくそこに多くのユーザーがいるのに、サードはその層を取り込もうという努力をするというよりは、たくさん人がいるからとりあえずソフトを出してしまおう。後のことは後で考えればいいというやり方にも見えなくはない。素人目に見ても、それほど魅力的に見えるソフトは少ないのだ。

以前から「人気シリーズしか売れない」とも言われてきたこの市場で、新しい物を作り出したところで、それが売れるかと言えば実際問題難しい。しかし、WiiやDSは自分達のソフトが売れない市場ではなく、新規層を取り込めるチャンスでもある。ここで通用するものが作れるかどうかは大切なわけで、その固い頭を一度リセットしてみた方がいいのかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 林 裕之)

【関連記事】
PSP『イース』新作にドラマCD同梱版発売決定
どこまで配信されるかMSXタイトル。
携帯機でも強かった。ドラクエIXがシリーズ最高の出荷本数達成。
”カノジョ”同伴でないとお断り。DS『ラブプラス』クリスマスケーキの”こそばゆい”販売計画。
Wiiでは遊べないソフトがカギ。PS3はWiiにどこまで追いつけるか?
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!