Image by: Abercrombie&Fitch

写真拡大

 過去最大級の来店客数でオープン初日を飾ったアジア初の「Abercrombie&Fitch(アバクロンビー&フィッチ)銀座店」に次いで、2010年、新たに福岡へ出店する計画が明らかとなった。

 世界で5番目のフラッグシップ店「アバクロ銀座店」は、約800名が行列する中2009年12月15日11時にグランドオープンを迎えた。長蛇の列は1日中絶える事なく続き、初日の来店客数はアバクロ史上過去最大級の5,000人以上を記録し、大盛況のうちに1日目の幕を下ろした。

アバクロ銀座オープン前日〜当日のライブレポート!

 1892年にアメリカに創業した「アバクロンビー&フィッチ」は、1904年に第1号店をオープンして以来、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン(イギリス)、ミラノ(イタリア)、そして東京・銀座(日本)の5店舗の旗艦店を含め世界各国へ350店舗以上を出店。「アバクロンビー&フィッチ」を含め4つのライフスタイルブランドを展開し、計1,100店舗以上を出店、2008年度(2008年2月〜2009年1月))の売上高35億4030万ドルの巨大アパレル企業だ。

 アメリカ東海岸とアイビーリーグの伝統を受け継ぐ「アバクロンビー&フィッチ」は、豊かさとカジュアル・ラグジュアリーそのもの。アディロンダック山地が、この若々しく真にアメリカ的なライフスタイルに、クリーンでありながら無骨なインスピレーションを吹き込んでいる。クラシックさとセクシーさのコンビネーションが、自信に満ち溢れ、やや挑発的な雰囲気を生み出しているクールなブランドとして知られている。店内に溢れる、抜群のルックスとスタイルを持ち合わせたショップスタッフ"ストア・モデル"が象徴的な存在だ。

 2009年冬、満を持して日本上陸を果たした「アバクロンビー&フィッチ」だが、来る2010年は、新たにコペンハーゲン、デンマークへ出店。そして日本2号店として、福岡へ直営店のオープンを計画している。「GAP」、「H&M」、「FOREVER21」なども、東京をはじめ各地へ出店を予定しており、来年もファッション界の"黒船"ブランドの勢いは止まらなそうだ。

【記事の写真をもっと見る】