最近、多いですね。在庫を持たなくてよくて、時給がいいからコンサルタントという人が多いです。職に貴賎はありませんので、なりたいのならなればいいですね。

 独立してコンサルタントになりたいんです!と言う人が多いそうです。私もそういう人とお話ししたことあります。

 で、なんで?というと、最近多いなあ、と思うのは

 「自己資金が少なくていいです。設備がいらないし、在庫も持たなくていいし、教えればいいから簡単に始められます。手っ取り早くやるならコンサルタントですよね。」

 なるほど、いいことずくめですね。

 でもさー、仕事どうやって取るの?

 「マーケティングパッケージを作ったので、御社の顧客を紹介してください。コラボレーションの時代ですから。」

 爆笑。確かにコラボレーションの時代。太っ腹な経営者ならOKくれるでしょうか・・・。

 上記のお話しは、ある経営者の方が私にこんなやつがいて笑った、と語ってくれたお話です。

 顧客リストは会社の大事な資産です。お金の源泉です。それは普通はくれません。持ち出したら犯罪です。個人情報保護とか言いますけど、そうではなく、本質的にはお金を盗むことと一緒です。

 それで、もっと驚くのが、「独立してコンサルタントやりたいんだ。どこのコンサルティングの会社でどんなプロジェクトをやってたの?」

 「コンサルティングの会社にいたことありません。」

 爆笑。

 「え?やったことないことを独立してやるの?」

 「はい。」

 「なんで?」

 「さっきも言ったじゃないですか。自己資金が少なくていいです。設備がいらないし、在庫も持たなくていいし、教えればいいから簡単に始められます。手っ取り早くやるならコンサルタントですよね、って。」

 更に爆笑。
 
 「そうなんだ。がんばってやってみてね。ばいばーい。」

 と、面白おかしく書いてますが、こういう人います・・・。


続きはこちら