今日は、年末年始のお休み前に、Web担当者が行っておくべきことを
挙げてみましょう。世の中はお休みですが、Webサイトは動き続けますからね。

【1】サイトの(c)(著作権表示)書き換え準備

日本では著作権表記がなくても著作物には自動的に著作権が発生して保護されますが
多くのWebサイトでは著作権表記をしているでしょう。

正しい著作権表示には、
・著作権表示であることを示す表記(HTMLでは©または(c)など)
・著作権者名
・著作物の最初の発行年

の3つを記述します。この年表記は最初の発行年を示すものなので、
サイト全体を著作物として著作権表記をする場合、
以前からやっているサイトは2010年になったら、
> (c) 2010 IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION. All rights reserved.
ではなく、最初の発行年と改訂年を併せて、
> (c) 2006-2010 IMPRESS BUSINESS MEDIA CORPORATION. All rights reserved.
のようにしましょう。

年が明けたら、最初の更新のときにこの表記を更新できるように
手配しておきましょう。CMSでサイト全体を管理していたら
テンプレートを変更するだけで済むはずです。


【2】年始の挨拶のクリエイティブや更新作業の手配

やはり年始にアクセスしたときに、Webサイトに年始の挨拶が掲載されていると、
訪問者としては気持ちの良いものです。
季節を感じるビジュアル(または2010年の干支である寅のビジュアル)を作成して
1月1日に掲載されるようにしましょう。

昔は大晦日の夜に待機しておいて、
年が変わったら新年のページをアップロードするという作業も恒例でしたが、
いまはCMSを使って公開予定を設定するのが普通でしょう。
もちろん、大丈夫だとわかっていてもちゃんと更新されていることを
確認しておきましょう。



【3】年末年始の更新予定やサポート状況の記載

お客さまは年末年始でもWebサイトにアクセスし、
サイトが稼働していれば何らかのサポートを得られると考えてしまうものです。

続きはこちら