近頃、街おこしのPRキャラクターと言えば、戦隊モノの「何とかレンジャー」である。なぜ日本には、「何とかレンジャー」が、こんなにも出没するのか?考えてみた・・・。

・・・では、さて、どの位の数の戦隊が、日本の47都道府県には存在するのだろうか?「戦隊な奴ら」に掲載されているローカルヒーロー一覧を大ざっぱに数えてみると・・・なんと約800戦隊。1都道府県につき平均17戦隊が存在する。

参考のために「北海道」の「何とかレンジャー」を一覧から抜粋すると・・・。
・雅楽戦隊ホワイトストーンズ(北海道札幌市白石区)
・安全戦隊シートベルダー(北海道札幌市)
・GO!GO!ゴミレンジャー(北海道札幌市)
・清掃戦隊ごみレンジャー(北海道札幌市)
・デジタル宣隊★アナレンジャー(北海道札幌市)
・魔界戦隊(北海道留萌市)
・銀河特警 宇宙デカ(北海道)
・日ハム戦隊ツヨレンジャー(北海道札幌市)
・動物戦隊ライオレンジャー(北海道江別市)
・ふきだし戦隊ウオスクレンジャー(北海道京極町)
・ラーメン戦隊5麺ジャー(北海道函館市)
・米飯普及戦士コメファイター(北海道留萌市)
・ハルニレンジャイ→どさんこ戦隊ハルニレンジャー(北海道豊頃町)
・サロベツレンジャー(北海道豊富町)
・湧別戦隊 産業レンジャー(北海道湧別町)
※資料抜粋「戦隊な奴ら」より
ほぼ全国平均の合計15戦隊。

「湧別戦隊 産業レンジャー」が、あまりにベタなネーミングなので、ググってみた。どうやら地元では、大活躍のようだ。コーンイエロー、ウシブラック、エビレッド、ホタテホワイト、シャケブルーの5人の典型的な戦隊である。わかりやすくて頭が下がる。
※株式会社西村組のブログより

続けて、全国的にも有名なローカルヒーローを2つばかり紹介させていただく。
そいつは長野県下条村にいる。
地域を活性化させる「地域戦隊カッセイカマン」である。

そのストーリーは、こうだ・・・。

続きはこちら