先日投稿した「世田谷事件」についての記事から、びっくりするシンクロニシティが生まれました。

「創発」について考えた本記事。



◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。


先日投稿するブログ「世田谷事件はきっと解決する。」
http://www.insightnow.jp/article/4673
まさに「シンクロ」という出来事が起きまして…


僕がWeb関係の知識・知恵を得るために参加している、あるメーリングリストがあります。
#僕もついていくのが精一杯の、とっても高度なやり取りがなされているんですけど。

どうも本事件で不幸にも命を落とされた被害者の1人が、このメーリングリストの参加者だったそうで…(随分以前から運営されているメーリングリストです)

メーリングリストの管理人より、昨日、被害者がメーリングリストの参加者であったこと、そして、事件解決に向けた情報提供の依頼が、メーリングリストメンバーに届きました。


僕は「教育」の視点から、Web関係の知識を得る立場。
本メーリングリストの管理人は、「Web」の視点から、教育に大変関心が高い方。
意図せずシンクロした瞬間でした。
#管理人の方は、僕が「ブログで世田谷事件のことを書いた」とは、もちろん知りませんでした。


メーリングリストでの、世田谷事件の情報協力依頼の投稿を拝見した後、僕がメーリングリストに投稿した文章を掲載いたします。

===(以下、投稿文)===

「世田谷事件」についての、怖いほどのシンクロを今感じています。
おととい書いたブログ↓が「世田谷事件は解決する。」ですから。。。
http://www.zkaiblog.com/histaff/archive/1099
#ビジョナリーとして参加している記事投稿サイトにも同じものを載せています。
http://www.insightnow.jp/article/4673


上記ブログは、職業柄読んでいる「教育新聞」のコラムへ涙し、

続きはこちら