日記を外国語で書く。書いた日記を、その言葉を母国語とする人間が添削する。相互扶助型の語学学習SNS『Lang-8』は、日本初にして唯一のシステムだ。この1年間でユーザー数は一挙に10倍に増加。世界で1億人のユーザー獲得を目指すLang-8のビジョンと展開戦略を紹介する。





第3回「未だかつてどこにもなかった語学学習サイト」

■e-Learningとの決定的な違い

「つい最近、急激に海外からのアクセスが増えたんです。もう爆発的な勢いで過去最大のアクセスになりました」

何が起こったのかとログを調べ、たどり着いた先はCNNだった。喜社長の方から売り込んだわけでは決してなく、どこかからLang-8の存在を聞きつけたCNNが勝手に取り上げて紹介したらしい。

「おかげさまでユーザー数は順調に伸びています。サイトを正式にオープンしたのが2007年、一年後にユーザー数が1万人に達しました。それが次の1年足らずで9万人にまで増えています」

縦軸にユーザー数、横軸に年月を入れたグラフを作れば、その急成長ぶりを目に見える形で理解できるだろう。前年対比8倍以上というのはとんでもない伸び方だ。



「日本では、はてブのホットエントリーでトップになったのが大きいですね。いわゆるイノベーターといわれる人たちの間で、Lang-8の存在が知れ渡った。これをキッカケに日本での認知度も急速に高まっていきました」

Lang-8の名前を、ネット関連のさまざまなコンテストで見かけるようになるのも、ちょうどこの頃からだ。とはいえe-Learningタイプの語学学習サイトもちょうど同じ頃、まるでタイミングを合わせたように立ち上がっている。こうした競合の存在は、喜社長の目にどう映っているのだろうか。


続きはこちら