木下優樹菜がテレビ番組で「モーニング娘。に入れなくて良かった」とポロリ発言した。本人はいたって普通の口調で語りだしたのだが、「何かとんでもないことを言い出すのでは」と慌てたのは共演者達だった。

13日に放送された「さんま&SMAP。美女と野獣クリスマス」に美女軍団の一人として出演したユッキーナ。
トークのテーマが先日こちらでもお伝えした”草なぎ剛が実はCHA-CHAのオーディションを受けていた”という内容になった。草なぎと木村が合格するのだが、木村が欽ちゃんから「おいなりくん」と命名されたことが気に入らず稽古をボイコット。草なぎもその流れで欽ちゃんのもとを去り、その後SMAPが結成されたというものだ。

そこで司会の中居 正広が木下優樹菜に
「ユッキーナもモーニング娘。のオーディションに落ちたことがあるんだよね?」
とふったのだ。

すぐに木下も答えた
「はい、でも(モーニング娘。に)入らなくて良かったです」
それはあっさりと、しかし少し不機嫌な口調だった。

ユッキーナはひな壇の後列に座っていたが、それより前に座る共演者一同十数名がいっせいに彼女の方を振り向いた。誰もが不安な表情をしているようだった。
特に土田晃之は『大丈夫か?なんかとんでもないこと言うんじゃないか?』という気持ちが表情に出ていた。

土田はなんとかフォローしようと
「あっ。今はね。今は(売れたから)合格しなくて良かったと思うんでしょ?」
とユッキーナに語りかけて、暗に次の言葉を封じたのだった。

木下優樹菜がモーニング娘。のオーディションを受けたのは中学2年生の時だ。
第5期モーニング娘。の選考で最終9人にまで残ったことからも分かるようにかなり評価は高かった。
しかし結果としてユッキーナはモーニング娘。に入ることができなかった。

理由は「協調性がない」と判断されたため。

ヘキサゴンでブレイクしたユッキーナ。「協調性がある」とはいい難いがそれでもうまく溶け込んでいる。
さすがに13歳の頃から比べると成長したものである。

付け加えると、ユッキーナは不合格になったとはいえ、モーニング娘。に悪い印象を持っているというわけではないらしい。実際、オーディションを一緒に受けた高橋愛とは今も友達付き合いをしている。
また、ミニモニ。のファンであることも本人が公言している。

つまり、今回の「モー娘。に入れなくて良かった」発言に他意はなかったわけで、慌てた周囲の思い込みが過ぎただけなのだった。

とはいえ、矢口真里や藤本美貴などの”勝ち組”を除き、たしかに現在のモーニング娘。メンバーやOGたちははっきりと明暗が分かれてしまっている。

一方、最近ではイオンが展開する「ヒートファクト」の新CMキャラクターとしても抜擢されたユッキーナ。たしかに元モーニング娘。の木下優樹菜ではなく、モデル・タレントの木下優樹菜としてブレイクしたことでその後の活躍の幅が広がったと言っても過言ではない。

他のゲストたちの頭にもそのことが一瞬よぎった可能性は高い。そんな周囲の反応を予測しているのか、それともまったくの天然発言なのか。土田でなくても、ドキリとさせられる発言だったことは間違いない。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】
今年が正念場。スザンヌおみくじ頼り?
意外に頼りになる?”姉御”里田まい
ハロプロVSヘキサゴン。運転免許試験回数対決!
どっきりが証明。ヘキサゴンで一番優しいのはやっぱりアノ人
実は純情な木下優樹菜。素で演じた?バレンタインCM。
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!