90年代、ネットが世に出てきた頃、紙からデジタルへの移行が叫ばれた。2000年代も終わりに差し掛かってきた今日、デジタル化は必ずしも旧来型メディアの死を意味するのではなく、むしろ、新しい形の創造、イノベーションを触発している・・・。

ザッポスが紙媒体のホリデー・カタログを発行して、ちょっとした話題になっている。「ザッポス・ライフ(Zappos Life)」と銘打たれたこの紙カタログは、単なる商品紹介媒体に留まらず、読み物コンテンツと遊び心溢れる写真を組み合わせたマガログ形式で、「ザッポス・ライフスタイル」を効果的に訴求する。

ザッポスが紙カタログを発行するのは、今年になってから四回目だという。「アクティブ」、「カジュアル」という、ライフスタイル・カテゴリーで括ったものが二種、そして、「バック・トゥー・スクール(新学期準備号)」と今回の「ホリデー・ファッション」という季節がらみのテーマのものが二種。来年も、四半期に一度くらいのペースで紙カタログを発行していくというから、どうも、「カタログ通販業」の展開には本気のようだ。

そういえば、本の執筆のために、2008年9月にザッポスを訪れた時に、「ザッポス・ライフ」の最新号が出たばかりだった。その当時は発行数はさほど多くなかっただろうし、半ば実験的なものだったのだろうが、「ネット企業が紙カタログとは・・・」と珍しく思って二部ほど貰ってきたことを覚えている。

90年代の終わりから2000年代の初頭にかけて、従来で言われるところの「カタログ通販」業者がオンライン・ショップの展開や店舗展開を始めて話題になった。そのひとつの理由は、複数の購買チャネルに跨って買い物をする「マルチ・チャネル・ショッパー」が、単一チャネル・ショッパーに比べて段違いにハイ・リターンであることが立証されてきたからだ。


続きはこちら