毎日コミュニケーションズは、2011年卒業予定の学生を対象とした「2011年卒マイコミ学生就職モニター調査11月の活動状況」の結果を発表した。調査によると、先輩の就職活動より"厳しくなる"、内定を獲る自信"ない"と感じる学生の割合が前月より増加している。

11月時点で、先輩と比べた今年の就職活動について聞いたところ、「多少厳しくなる」「かなり厳しくなる」との回答が77.5%と前月より5.2ポイント増加した。また、内定を取る自信も「あまりない」「まったくない」が38.1%と前月より4.6ポイント増加しており、就職活動が進むなかで、不安や焦りを感じる学生の割合が増えていることが分かった。

10月と11月の学生一人当たりの平均エントリー社数の合計は、44.4社と前年同時期の41.3社より3.1ポイント増加。「志望度の高い企業のみ」エントリーするとの回答が9.8%と前年同月より6.9ポイント減少する一方、「多少でも興味が湧いた企業」は54.0%と前年同月より8.1ポイント増加するなど、視野を広げて就職活動に取り組む傾向が見られる。

11月は前月に引き続き、「企業にエントリーした」「企業研究をした」「業界研究をした」と、積極的に活動をすすめている学生が多い。さらに「合同企業説明会に参加した」「個別の企業セミナーに参加した」「人事担当者と会った」という割合が、前月よりそれぞれ増加しており、何らかの形で企業と接触を始める学生も目立ち始めている。

調査は、11月27日〜30日の間、2011年卒業予定の全国大学3年生及び院1年生の同社モニター3763人を対象に実施し、1803人(文系男子402人、理系男子511人、文系女子430人、理系女子460人)から回答を得た。

◆関連ニュース
2010年就活に学生が危機感 9割以上が「前年と比べ“厳しい”」(9/12/07)

10月から就活生の応募が殺到、危機感高く動き出し早まる(9/12/02)
就職氷河期が現実に 2010年卒学生の就職はさらに悲観的(9/11/19)
9月末時点の高卒内定率37.6%、採用意欲低下で求人数46.7%減(9/11/05)
就職氷河期が現実に 大学生の就職内定率7割台(2009/10/23)
ゆとり世代の仕事選びは、企業風土より給与水準と企業規模(2009/8/27)
学生の会社選択のポイントは「安定している会社」(2009/8/13)
2010年新卒の就職活動は漢字1文字で「苦」 (2009/8/11)
2010年新卒 就職氷河期再来のおそれ 未内々定者の4人に1人が進学や留年考える (2009/7/22)
2010年新卒 内々定が出ていない就活生の深刻な悩み…なぜ内々定がでないの?(2009/7/16)
2010年新卒、いまだ3割内定もらえず 文系女子の苦戦続く(2009/7/13)
採用担当者が履歴書で重視するポイントとは?(2009/7/2)
採用担当者から見た、「就活生に不足しているもの」1位は…(2009/6/18)