09年12月、中国では記事「日本人女性のブームは『中国人男性との結婚』、中華料理も人気」が注目を集めている。11日、新浪ブログのあるエントリーは同記事は妄想に基づいた慰めに過ぎないと指摘した。写真は京都の和服展。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37936">

写真拡大

2009年12月、中国では記事「日本人女性のブームは『中国人男性との結婚』、中華料理も人気」が大きな注目を集めている。素直に喜んでいる中国人も多いが、一部ではあまりにもおかしな記事だと冷静に指摘する声もある。11日、新浪ブログのあるエントリーは同記事は妄想に基づいた慰めに過ぎないと指摘した。以下はその抄訳。

記事「日本人女性のブームは『中国人男性との結婚』、中華料理も人気」は、世界経済が低迷するなか、唯一中国のみが好景気であり、日本女性は中国人男性にひかれているとの内容だ。

【その他の写真】

記事に込められた「愛国」精神が人々を興奮させている。中国人ならば日本の侵略の歴史を忘れることはできないうえに、さらにいえば日本のアダルトビデオを見た時の興奮も忘れられないのだろう。日本女性を奪って「国辱をそそ雪ぎ、国に栄光をもたらしたい」という心理が働いているのだろうが、無意味な慰めでしかない。

中国人男性は日本女性が大好きだが、それはなぜか?気の強い中国女性にけおされて、男性としての権威を発揮できない一方で、日本女性は優しく、美しく、まじめで、礼儀正しいと思い込んでいるためだ。日本女性の多くがこうした長所を備えていることは認めるが、ただしアダルトビデオに出てくるような「性の奴隷」的なイメージで日本女性をとらえているならばそれは間違いだ。中国の日本研究者が指摘するように、日本では女性が家計を握ることが多いなど、むしろ家庭の主導権は女性が握っている。

記事に大喜びしている人もいるようだが、わたしは恥ずかしくて「中国人男性が世界一」などと言う気にはならない。その記事には中国人男性との結婚がブームとあるが、挙げられているデータは年たった1500組の結婚。記事では触れられていないが、日本人男性と中国女性の結婚のほうがよっぽど多いだろう。

このエントリーは決して中国ネットユーザーを辱めるものではない。単に「日本女性はもはや中国人男性以外とは結婚したくない」といった話があまりにも無知で傲慢だと指摘しているだけだ。もし「日本人女性のほうが中国人よりも優れている」と言えば、やはり同じ間違いを犯すことになるだろう。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<レコチャ広場>日本の男は無能!?「中国の男」との結婚が日本人女性にブーム(1)
<レコチャ広場>日本の男は無能!?「中国の男」との結婚が日本人女性にブーム(2)
日本女性はいかに中国女性より優れているか?―ネットコラム
<レコチャ広場>日本人男性と中国人男性の違いとは?―中国
ビザのために日本人男性と結婚した中国人女性、その心の内は?―日本華字紙