バンダイナムコゲームスはプレイステーション2(以下PS2)向けに、『サモンナイトグランテーゼ 滅びの剣と約束の騎士』を発表した。PS2での発売に疑問を抱くファンもいるかもしれないが、最新作発表は嬉しいところだ。

『サモンナイトグランテーゼ』はシミュレーションRPG「サモンナイト」シリーズ最新作という事で、全編に渡って3D化されている点は注目。また、ゲーム開始時に主人公を2人から選択、ゲーム中は戦闘中のみだが双方の主人公を変更できる点も魅力の1つとなっている。発売は2010年春で価格は未定。

アクションRPGという部分で「サモンナイト」本編よりも、「サモンナイトエクステーゼ」を思い浮かべたファンも多いのではないだろうか。なぜ今PS2で?という疑問もあるが、その部分はできるだけ好意的に取る事にしよう。
(TechinsightJapan編集部 林 裕之)

【関連記事】
Wiiソフト歴代1位に。”スーパーマリオ”が時代を経ても支持されるワケ。
乱発されるMMORPG。格の違いを見せるか?期待のかかるもう一つのFF。
なぜ「無双」に固執?チャレンジできないコーエーの事情。
PS3で新規ユーザー獲得?コーエー『信長の野望Online』PS3発売。
脱マンネリ?『桃鉄』オンライン対戦で復活か?
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!