オンナゴコロをとろけさせたのはスイーツではなくケータイ。その可能性を考えてみよう。

<徹夜組&行列も!ドコモ×Q-pot.の“チョコ携帯”が発売初日に完売>(2009年12月10日東京ウォーカー)
 http://news.walkerplus.com/2009/1210/6/
 <ドコモとジュエリーブランド「Q-pot.」がコラボした携帯電話「docomo STYLEシリーズ SH-04B」が、発売日初日の12月9日(水)午前中に完売する店舗が続出した>という。

  「Q-pot.」とは、 2002年にデザイナーのワカマツタダアキ氏が立ち上げたブランドで、お菓子をモチーフにした、本当に食べられそうなアクセサリーが人気のブランドである。同ブランドは食品をはじめ様々なブランドとも積極的なコラボレーションを展開しており、ユニクロのTシャツ「UT」でもコラボモデルがある。
 今回のコラボはドコモの携帯電話。一目見れば忘れられないような、携帯電話の筐体をリアルなとろける板チョコに見立てたデザインが特徴である。

 上記東京ウォーカーの記事にある、同携帯電話の特徴と購入客のコメントが印象的だ。
 <リアルなチョコレートの質感とデザイン、細部にまでこだわった品質が魅力の同品だが、価格は6万円台後半から7万円台と、決して安いものではない。しかし「もともと『Q-pot.』が好きなんです。携帯のデザインを見て、すぐに買うことを決めました。価格? 気にならないです」と話す購入者がいるように、ファンにとって、価格は大きな問題ではないようだ。>

 携帯電話の「中核価値」は必要な時にいつでも通話やメールなどでコミュニケーションが取れることだ。中核価値を実現するために欠かせない「実体」は、どこでもつながることや、電池の持ちがいいこと。メールなどの入力がしやすいことなどである。カラーバリエーションや、デザインは、中核の実現には影響しない付加価値である「付随機能」である。

続きはこちら